土地があれば借りやすい

  1. お金を借りたい土地ならあるけれど
  2. お金を確実に借りる方法は?
  3. 自分の返済能力を把握することが大切
  4. 土地を持っていればやはり強い
  5. 担保ローンの金利はどうなってる?総量規制は?

 

 

お金を借りたい土地ならあるけれど

審査に通らなくなった…。
お金が必要だけど、これまで審査に通っていたカードローンなどの審査に、
通らなくなったという人も、少なくないでしょう。

 

お金を借りるということは、信用があるということです。
しかし、カードローンなどの借金を重ねていると、
次第に、その信用力が低下していくのです。

 

そこで考えたいのが住宅ローンです。家を新築した人、
マンションを購入した人は、住宅ローンを組んでいることだと思います。

 

そのような人は、何千万円もする家やマンションを購入し、
頭金を支払って、さらには銀行からも、数千万円も借入れをしているのです。
当然審査もあるでしょう。

 

住宅ローンを抱えて、毎月かなりの額の返済をしていれば、
銀行や消費者金融会社のカードローンの審査にも、
影響が出そうな気がします。

 

手順としては住宅ローンを組んで返済を行い、
それからカードローンに申し込むことです。

 

カードローンに申し込むときの、申込み書の内容を思い出してみると、
必ず記入しなければいけないのが、他社借入れです。
ここには、住宅ローンを除くと書かれているはずです。

 

住宅ローンは総額でも、何千万円にもなるので、
他社借り入れ金額の総額に含めないほうが、
わかりやすいという判断もあるようです。

 

だからといって、住宅ローンがあっても、
カードローンの融資を受けることが、できるというわけでもありません。

 

実際に、月々いくらくらいの返済をしているのかということも、
信用情報機関を通じて、銀行や消費者金融会社などは把握できます。

 

詳細については、難しいところもあるかもしれませんが、
ある程度のところまでは判断できるので、
実際に、返済に窮しているのかどうかなども、推察できるのです。

 

それ以前に他社借り入れの件数や、
金額が多ければ、審査に通ることはできないでしょう。

 

また、住宅ローンを組んでいるということは、持ち家があるということです。
ということは、土地もあるということになります。
それを担保に、不動産担保ローンを組むということもできるでしょう。

 

カードローンと住宅ローン…

住宅ローンを先に組んでいる場合、
そのあとにカードローンを組むのは、それほど難しいことではないでしょう。

 

むしろ持ち家があるということは、
属性を考えると、借りやすいと判断される事が多いです。

 

もっとも、月収手取りが30万円で、
10万円の住宅ローンを組んでいるということでしたら、
カードローンの融資を受けてしまうと、
途端に、返済に窮してしまうかもしれません。

 

銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者は、
そのような面も、信用情報機関に照会することで、
ある程度の把握はできています。

 

さらに、住宅ローンを組むというのはかなり厳しい審査が行われ、
それを突破して、住宅ローンを組むことができるので、
かなりの信用度があると推測できるのです。

 

持ち家があるということも属性をアップすることに貢献するので、
住宅ローンを組んでいるということは、住宅ローンの返済をしているので、
財政的には苦しいことも考えられますが、銀行や消費者金融会社からすると、
持ち家があるということは、いざというときは、
そのような財産を処分して、お金を支払ってくれると判断できるのです。

 

ですから、住宅ローンがあるということで、
カードローンを利用することはできないということはないでしょう。
特に、最初の数件のカードローンの申込みでは、
住宅ローンがあることが、有利に働くこともあるかもしれません。

 

それでは、逆はどうでしょうか。
カードローンの利用を数件している場合、それから住宅ローンを組むとなると、
これは、なかなか厳しいものがあるかもしれません。

 

というのも、カードローンを借りているということは、
お金に不自由していると取られるからです。
ですから、住宅ローンの申し込みをしても、審査の上で落とされるかもしれません。

 

また、住宅ローンはできるだけ頭金を入れたほうが、
審査に通りやすいという面もあります。

 

一方で、頭金なしでも住宅ローンが組めることを、
大々的に、アピールしている銀行もあるのです。

 

ですので、住宅ローンを組む際はできるだけ、
カードローンは精算しておいたほうがいいでしょう。

 

どのくらい重要かというのは、住宅ローンの頭金として貯め込んでいた資金を、
全てカードローンの返済に充てるくらい、重要だと考えたほうがいいです。

 

住宅ローンを組みたいのであれば、それくらいはしたほうがいいでしょう。
住宅ローン審査は細部に、わたって行われることが多いです。

 

住宅ローンの審査に通るか心配な人は、
事前に、住宅ローンコンサルタントに相談したほうがいいでしょう。

 

銀行側の知られざる思惑なども、知ることができると思います。

 

 

クレジットカードが問題に

また、クレジットカードも問題になることがあります。
特に、誰でも持っているクレジットカードが、住宅ローンなどの審査に、
影響があるのかと、考える人も多いと思うのですが、それが大ありなのです。

 

クレジットカードも、債務の一つと考えられています。
それでも、日本人のクレジットカード保有率は、
一人平均で、3枚程度となっているのです。

 

このあたりの保有枚数は、一般的と考えても、
人によっては、10枚以上クレジットカードを持っているという人もいます。
そのような人は、借金体質なのではないかということで、
審査に落ちることもあるのです。

 

属性がかなり低くみられるので、住宅ローンを組むとか、
カードローンでお金が必要だというときは、
使わないクレジットカードは、解約したほうがいいでしょう。

 

特に、年会費無料のクレジットカードを、
お店やショッピングモールの開店に合わせて、カード会員になる人が多いです。

 

年会費無料だから邪魔にはならないし、
持っておけば、なにか得なこともあるだろうという考えなのですが、
そういったことで、クレジットカードの保有枚数を増やしていくと、
自分の属性を、どんどん下げていってしまうことになるというのを忘れてはいけません。

 

借金を重ねていくうえで借りにくくなる

お金を借りていくと、どんどん自分の属性を下げていくことになります。

 

ここでいう、属性というのはどういったことでしょうか。
属性というのは、しばしば信用力に置き換えることができます。
銀行や消費者金融会社などからみたら、それは返済能力の総称と考えてもいいでしょう。

 

住宅ローンや担保ローンなどは、担保を設定したり、
信用保証会社が中に入ってくれることで、審査がスムーズにいく場合が多いです。
それでも、属性といった信用力が重要になるのは、
カードローンを借りる際と、何ら変わることはありません。

 

銀行や消費者金融会社としては、融資をしても、
きちんと返済してくれるのかといった、返済能力がとても気になってくるのです。
ですから、他社借り入れが多いと、借金が多くて返済に困っているのでは、
ということになって、審査に通ることは難しくなるでしょう。

 

カードローンの申し込みをする側も、それが分かっているので、
複数の他社借り入れがあるのをふせて、
他社借入れは、ゼロ件と申込み書に書いたとします。

 

銀行や消費者金融会社は、申込み書の内容から、
信用情報機関に、申込者の信用情報や与信情報を照会するので、
その時点で、他社借入れの件数もわかるのです。

 

その際は、申込み書に虚偽の記載があったということで、
審査に落ちる可能性が高くなるのです。

 

お金を借りるにしても、まずは住宅ローンありきのライフスタイルを考えるべきでしょう。
ですから優先すべきは、住宅ローンを真っ先に組むことです。

 

住宅ローンを組む前に、複数のカードローンの利用があれば、
それだけで、住宅ローンの審査に通ることはないと思います。

 

 

不動産があれば借りやすい

土地や、建物といった不動産があれば借りやすいです。
まずは不動産を担保に入れることができます。

 

家などの建物は建ててから、10年もしたらその価値はなくなってしまいますが、
土地はというのは、その価値が下がりません。
場合によっては、上がることのほうが多いでしょう。

 

バブルのような大変革でもなければ、土地が急速に下がることはありません。

 

担保にした場合は、そのときの土地の評価額によるものです。
それが1000万円価値があるとすれば、担保ローンは、
その6割から、7割の金額を借りることができるでしょう。

 

家や土地などの物件を探している不動産会社は多いですし、土地を担保にして、
担保ローンの契約の場合は、住宅ローンを組んだ際の、
不動産会社に相談してみるといいでしょう。

 

普通にカードローンを申し込んで、審査落ちしていたのでしたら、
担保ローンにすると、格段に審査に通る可能性がアップするのです。

 

 

 

お金を確実に借りる方法は?

お金がどうしても必要になったけども、
手持ち資金がないという場合は、どうしたらいいのでしょうか。

 

数万円程度でよければ、
クレジットカードのキャッシング機能を利用するのが、
最善と考える人も多いでしょう。

 

数万円というのは、過小評価で、クレジットカードのキャッシング機能は、
50万円あるいは、100万円、さらには、
もっと多くのキャッシングをすることができるのです。

 

そう言ってしまうと、空恐ろしくなってしまいますが、クレジットカードを持っているというのは、
ある意味、カードローンのローンカードを持っているのと、
同じような形と考えていいでしょう。

 

潜在的に、いつでもお金を借りることができるということです。

 

そのため、クレジットカードを使う使わないに関わらず、
クレジットカードを、債務の一つをカウントする事が多いです。
その証拠に、クレジットカードをたくさん保有していると、
審査に落ちることが、多くなってくるのです。

 

いわば、クレジットカードの枚数と、属性の高さは反比例するということですね。

 

銀行や消費者金融会社などでは、
クレジットカードを、たくさん持っているとお金に困っているのでは、
借金がたくさんあるのでは、買い物癖が付いているのでは?と思ってしまうのです。

 

お金を使うことは、経済を回すという意味でとても良いことなのですが、
それが借金で、ということになると話も違ってきます。

 

クレジットカードをたくさん持っているということは、
それだけで、マイナスになるということを覚えておいたほうがいいでしょう。

 

そして、クレジットカードのキャッシングですが、
いつでもキャッシングできるのは、とても便利です。
それでも、日常的に使っているのであれば、ちょっとした注意が必要です。

 

キャッシングの支払いを、リボルビング払いにしていたら、
月々の支払いが一定になるので、借金をしているという感覚がなくなるので、
これはまったくのNGということになります。

 

また、翌月に一括で返済するのであれば、それにも金利手数料がかかります。
ショッピングの場合は、金利手数料が、翌月一括払いであればかからないので、
多くの人はキャッシングもかからないのでは、と考えがちですがそれは間違いなのです。

 

金利手数料は、翌日から日割りでしっかりとかかってきます。
ですから、すぐに返すということであれば、
消費者金融会社の、カードローンの無利息期間を利用したほうがいいでしょう。

 

30日以内の返済であれば、金利手数料がかからないというものです。

 

そういったところをしっかりと活用して、
無駄な支払いをなくしていくのが、賢い借り方ということになります。

 

 

 

自分の返済能力を把握することが大切

返済負担率という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは収入に対して、借金の返済が、
どのくらいの割合になるかという数値を表しているのです。

 

普通に生活していくうえで、
なんとかやっていけるのは、返済負担率が20%以内とされています。
月収が20万円でしたら、月々の返済額は4万円までが妥当ということになります。
これを越えると、生活のほうが破綻してしまうでしょう。

 

20万円から4万円を引いても、まだ16万円あると考える人もいるでしょう。
そこから、家賃とか住宅ローンとか光熱費とか、
スマホ代などを支払ったら、後は何も残らないか、
さらに、生活費を借りなくてはいけなくなるでしょう。

 

 

20万円の収入は少なすぎですが、失業して、
パートアルバイトでしのいでいるのでしたら、このくらいの収入になるはずです。

 

ですから、そのとき現在の自分の返済能力を、
しっかり把握するようにしましょう。

 

固定費というのは必ず毎月出て行くものです。
それは住宅ローンであり、光熱費やスマホ代です。
住宅がなければ家賃になるでしょう。

 

それらの合計と、返済金額を収入から引いて赤字になっていたとしたら、
先行きは、まったく暗いということになります。

 

生活をしていくために、借金をするようなことをしていたら、
いつか生活というか、支払いそのものが破綻してしまうでしょう。

 

固定費を極力削っていくのが一番なのですが、
まずはなによりも、月々の返済額を減らしていくことが肝心です。

 

多少のたくわえがあるのでしたら、月々の返済で完済するのではなく、
繰り上げ返済をすることが、とても大事になってくるのです。

 

そうしないのであれば、将来的に収入があがることが見込めるというのが前提で、
保証人なりを立てて、カードローンなどから、
借り入れをするという方法もあります。

 

すでに多重債務などをしていて、通常のカードローン、
つまり、保証人や担保設定をしないカードローンであれば、
銀行も消費者金融会社も、カードローンの融資をしてくれないでしょう。

 

連帯保証人を立てるのが難しいのであれば、
担保ローンを、利用するという方法があります。

 

その場合の担保は、当然のことながら、
自分の財産の中で一番価値のあるものですから、土地ということになります。

 

担保評価額などを設定する必要があるので、不動産会社と相談するようにしましょう。
銀行などの金融機関側も、担保を設定することで、
貸し倒れの心配がなくなるので、カードローンなどの融資がしやすくなります。

 

融資をすること自体が金融機関側のメリットとなるので、
担保ローンにすると、審査も通るでしょう。

 

 

 

土地を持っていればやはり強い

お金が必要なのにどこもお金を貸してくれない…。
困った、という人も少なくないでしょう。

 

そういったときに、不動産を持っていればなんとかなる可能性があります。
というよりも、不動産を担保にする担保ローンが活用できるのです。
銀行や消費者金融会社によっては、不動産担保ローンと呼ぶこともあります。

 

また、本当に貸してくれるのか、事前審査をしてくれるところもありますから、
そういったサービスを、利用するようにしましょう。

 

土地を担保にする場合は、土地評価額を算定してもらわなくてはいけません。
土地の名義が、自分であることも大切です。
担保権が誰にあるのかということも大事で、最終的には担保ローンを始めると、
抵当権や担保権というのは、債権者側に譲渡されることになります。

 

質屋を考えると理解しやすいかも

今時の若者でしたら、質屋といってピンとこないかもしれません。
しかし、質屋は現在もありますし、
ちょっとしたお金が必要なときに、とても便利なのです。

 

自分が持っている、金目のものを質屋に持っていきます。
それを質屋に預けることで、保証金という形でお金を借りるのです。
そのお金を期日までに返済したら、預けておいたものを取り戻すことができます。
しかし、返済しなければ預けておいたものは売りに出されるのです。
それが俗に言われる質流れ品ということですね。

 

預けた品物を、担保すなわち、土地に置き換えたらわかりやすいでしょう。
返済不能になったら、土地が取られてしまうのです。
取られるというのも語弊がありますが、
そのための担保ローンですから、事前によく理解しておかなくてはいけません。

 

質屋の場合を例に取ったのですが、
簡単な例として、わかりやすくなっています。

 

 

土地があるとお金を借りることができる

審査に落ち続けていたカードローンも、土地を担保に申込みをすると、
これまで落ち続けていた審査に、通ることになります。
それもこれも、担保設定したおかげです。

 

しかしこれは、申し込む側に大きなリスクがあるのは間違いありません。
というのも、土地の評価額が1000万円あっても、
そこから借りるお金は、せいぜい600万円あるいは700万円程度なのです。

 

そこまでお金を必要としないという場合もあるでしょう。
しかし、返済不能となると、土地を切り売りすることもできないので、
その時点の土地評価額から、計算した金額を借りるようになるのです。

 

そして返済ができなければ土地を奪われます。
それも納得ずくで、担保ローンの申し込みをしなくてはいけないということなのです。

 

 

 

担保ローンの金利はどうなってる?総量規制は?

できれば、銀行に担保ローンの申込みをしたいところです。
それでも銀行の場合は、事前審査をするようにしましょう。
銀行だと、審査落ちする可能性があるのです。

 

特に他社債務がある場合は、属性も低くなっていることでしょう。
いくら担保があっても、貸し倒れの可能性の高い人に、銀行は貸し出しをしません。

 

担保があるから大丈夫なのでは?という意見も少なくありません。
確かに担保があるので、貸し倒れというリスクは銀行も回避することができます。
しかし、土地をお金に換えるなどの手続きが必要になりますから、
それにかかる経費が、かなりかかるのです。

 

そのため、土地評価額から、かなり低い金額しか借りることができないのはそこにあるのです。
土地評価額が1000万円なのに、借りる金額は多くても、700万円程度ということになるので、
差額の300万円は、仮に返済不能となった場合は、
債務者が、かなり損をすることになります。

 

そして、銀行もその差額が丸々入るわけではなく、
差額のほとんどが、諸手続の手数料で消えていってしまうことになります。
結果として、銀行が損になることはないのですが、それにかかる手間暇がかかるということですね。
ですから、返済不能になる可能性が高いということで、
審査に通りにくくなるのです。

 

会社員よりも、自営業者のほうが属性的には低いので、担保ローンでも不利になりそうです。
事前審査や担保ローンなどの、専門家に相談するのもいいでしょう。
ローン審査は通常のカードローンの審査よりも、甘めになりますが、
金利などを考えても、通常のカードローンよりも低めになるので、
消費者金融会社の担保ローンでも、十分でしょう。

 

ポイントは金利ですが、返済のしやすさも考慮するべきです。
多額の債務になるので、返済期間も長くなりがちです。
そうなれば、金利を最優先に考えたいところですが、金利よりも、
月々の返済、が無理のないものなのかを、考えるようにしたいところです。

 

住宅ローンの場合は、保証会社が間に入ってくれるのですが、
担保ローンの場合は、担保自体が保証会社の役割を果たします。

 

担保ローンの申請から、融資までは時間がかかります。
審査期間はそれほどでもないのですが、土地の評価額設定などに時間がかかることが多いので、
急場しのぎで、すぐにでもお金が欲しいというときは、
他からの借入れで、なんとかしのがなくてはいけません。

 

当然ですが、申込者の個人信用情報など照会されます。
過去の滞納履歴などがあれば、通常の審査と同様に、
審査に通りにくくなる可能性があります。

 

銀行は難しくても、消費者金融会社では、
審査に通る可能性もあるので、あきらめる必要はありません。

 

また気になる総量規制ですが、
担保ローンについては総量規制対象外となるので、お金も借りやすいでしょう。

 

多重債務の返済におまとめローンとして、活用する方法もあります。
いずれにしても、担保ローンは生活を立て直すための、最後の手段という位置づけになります。

 

返済と合わせて、この機会にしっかりと、
これからの生活をしっかりと、見つめ直す必要があるのは言うまでもありません。

 


このページの先頭へ戻る