銀行ローンが落ちても不動産担保ローンが通る場合

銀行ローンが落ちても不動産担保ローンが通る場合の関連記事

  1. 銀行の不動産担保ローンは昔から存在していた?
  2. 不動産担保ローンでまとめローン転用で審査通過
  3. 個人事業主にお勧めの不動産担保ローン
  4. 甘い審査の不動産担保ローンは、簡単に借りられる?
  5. 審査が甘い不動産担保ローンとは言うけれど

 

銀行の不動産担保ローンは昔から存在していた?

銀行カードローン審査落ちは、まだ消費者金融の融資ができる可能性が高いです。
ただ、お金を借りる方法としては、無担保ローンだけではありません。
不動産担保ローンも銀行には融資の方法としてあります。

 

不動産担保ローンとは?

お金が必要な時、簡単に申し込めるキャッシングやカードローンに頼ることはあります。
しかし、これは最近の話であり、本来銀行ではも担保融資しか取扱をしていなかった時代が多かったです。
現在は、不動産担保ローンと言葉がありますが、以前はお金融資をしたいというと、不動産や土地の提供があれば対応しますという形でした。
融資相談という形で窓口にありましたが、それでも敷居の高いものでした。
キャッシング方法というよりは、融資先としてある程度まとまった借入では、担保提供が当然のことでした。
最近の不動産担保ローンは、カードローン同様にインターネット申込みができる融資方法です。

 

気になる審査基準

銀行の不動産担保ローンは銀行カードローンより審査は甘いです。
問題になるのは収入ですが、融資額が高くなるほど、審査は厳しくなりますが、銀行カードローン審査落ちで100万円程度の借入をしたいとなると、審査の中の収入にしても、信用情報で多重債務などでも審査が通ることが多いです。
これは担保があるためで、ある程度の返済能力があればOKです。
他社借入があったとしても、それが消費者金融の借入では総量規制対象外として煩瑣されることになり、不動産担保ローンは別ローンになります。
年収は高い方ですが、銀行ローン審査落ち後の申込みは根審査通過可能性は高いといえるでしょう。

 

注意点として

銀行の不動産担保ローンでは、地域限定になっていることが多いです。
営業地域対応であり、大手銀行などでは、支店があるところでもすべて対応していないことがあります。
全国対応の民間の不動産担保ローンとは別になります。
住宅地域も不動産担保ローン対象にならない場合もあります。
大都市圏では、たいていの不動産担保ローンができることもありますが、地域によっては、不動産担保ローンそのものが成立しない、不動産の担保評価が低いこともあります。
銀行の不動産担保ローンは抵当権が、1位でなくてはならない金融機関も多いです。
第2抵当権では審査落ちもあります。
ですから、住宅ローン返済中やすでに不動産担保ローンがある不動産では、ローン対象にならないなど注意点があります。

 

個人事業主、店舗関係、住宅地などでの不動産担保ローン対応できます。
属性も返済能力がある無職にも対応している場合もありますが、銀行は無職の審査は厳しくなることがあります。

 

▲メニューに戻る

 

不動産担保ローンでまとめローン転用で審査通過

銀行カードローン審査が通らないのが事故情報だったとします。
それが多重債務である場合、不動産を持っている方は、大手消費者金融の行く前に不動産担保ローンを検討してみて下さい。

 

不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンは、担保がありますから、カードローンのように無担保ローンとは別ものです。
ということで、審査基準が変わります。
ずばり、甘くなることが考えられます。
個人信用情報機関で審査落ちになってしまうのは、いわゆるブラックです。
それも債務整理だけは、銀行の不動産担保ローンは審査が厳しいです。
ただし、多重債務の場合、不動産担保ローンで新たなキャッシングではなく、まとめローンとしての借入では、状態が変わります。
まとめローンはまとまった金額が必要ですが、不動産担保ローンで資金を作り、完済をすることで、多重債務が解消されます。
申込者が何の目的で使用するかは基本的に自由ですから、多重債務解消での不動産担保ローンの審査に挑むことで、借りられる可能性は高いです。

 

他社借入が多い

銀行カードローン審査では難しいのですが、限度額が大きい不動産担保ローンでは、新たなキャッシングで返済負担率が高くないと判断されることで、多重債務が事故情報となっていたとしても審査通過ができます。
条件としては、延滞をしていないことと債務整理後5年以上経っていることです。
返済能力があると、そのまま銀行の不動産担保ローンの審査が通ります。
銀行カードローン審査より甘いことで、担保があるローンの余裕さです。

 

銀行カードローンより金利が低いことも

銀行カードローン、消費者金融の金利より、不動産担保ローンは低金利の可能性が高いです。
まとめローンとしての使い勝手も良いのです。
金額が大きくなれば金利幅は小さくなります。
銀行のまとめローンよりもお得ですから、是非検討してみると良いでしょう。
個人情報も延滞があるときびしいのですが、保証会社の保証が受けられることで、銀行カードローン審査落ちのところでの不動産担保ローンの利用ができます。

 

審査は多少甘いのですが、銀行の不動産担保ローンの審査時間はかかります。
1週間以上の回答はないことが多いですから、急ぎの資金調達はできないことが多いです。
たまたま急いで銀行カードローンでキャッシングをしたい方の不動産担保ローンの転換は難しいですから、その時に大手消費者金融や中小消費者金融の申込みをして下さい。
すぐにキャッシングができることはできないです。
審査時間がかかることは口コミでも多いです。

 

▲メニューに戻る

 

個人事業主にお勧めの不動産担保ローン

キャッシングやカードローンの属性が低い方の不動産担保ローンの申込みは提案できます。
審査基準がカードローンとは違うため、不動産がある方は、最初から不動産担保ローンを検討してみて下さい。

 

個人事業主の属性

店舗や中小企業、個人事業主などはキャッシングの際に、安定している収入と思われていないことが多いです。
確定申告書、青色申告書での収入証明書があったしても、個人情報の属性はとても低いです。
懇意にしている銀行などでも貸し渋りがある場合も少なくありません。
しかし、どうしても資金がほしいときには、不動産担保ローンはどうでしょう?

 

不動産担保ローンの内容

借入額は、提供する不動産の評価額が問題になります。
掛け目とされるのは70%程度と言われていて、1000万円程度の評価額で700万円程度が借入額となる意味です。
その他、個人信用情報機関の確認により、実際の審査によっては、借入額が上下しますが、住宅の条件などでも、査定額は大きく変わります。
保証会社の判断ですが、個人事業主などの属性に関しては、不動産担保が問題になり、審査への影響は少ないといえます。
要するに、個人事業主の不動産担保ローンでは、不動産担保の評価額が大きく関係します。
ですから、カードローンよりも借りやすいのです。

 

消費者金融ではもっと手軽に

消費者金融でも不動産担保ローンがあります。
カードローンとして自動契約機からの申込み、インターネットでも申込みができます。
カードローンと同じ感覚で全国対応のところも多いです。
手数料はかかりますが、個人事業主の属性で返済能力があれば対応します。
金融事故は内に越したことはないのですが、担保評価が高いことで、審査内容が変わることもあります。
使途自由で、ビジネスローンより使いやすいですし、限度額も不動産によっては高くなります。
総量規制対象外であり、多重債務者でも対応。
担保価値がすべてですから、お持ちの不動産によって、どのくらいの価値があるかは、一括査定サイトなどで調べてみて下さい。
自身で現在の評価額をある程度知っておくことで、借入額の検討をつけることができます。
ただ個人事業主で年収200万円程度の方が、2000万円の不動産担保ローンの審査が通るか?というと、それは無理です。
あまりにも開きがある場合は難しいですが、200万円の総量規制は70万円程度。
不動産担保ローンは総量規制対象外ですが、100万円の不動産担保ローンは対応できると言った感じです。
不動産担保ローンの中で100万だけの融資ということです。
高い評価額だから、ギリギリで借りられるということではなく、年収からの限度額が決まります。

 

▲メニューに戻る

 

甘い審査の不動産担保ローンは、簡単に借りられる?

銀行ローンは、審査が大変と言われています。
実際に勤務先が安定していない、個人事業主で収入が一定ではないなどで借りられない場合が多いです。
申し込みは簡単にできそうですが、銀行ローンができないとなると、消費者金融に行こうと検討される方も多いです。

 

銀行の不動産担保ローン

担保融資と銀行ローン。
担保の有無で審査基準が変わります。
担保があることで、返済リスクが大きく減少することで、銀行ローンよりも柔軟審査が期待できます。
本人の不動産ではなくても対応。
借入総額は、億単位のところもあるなど、柔軟な条件は審査だけではないのです。
金融事故であったとしても、それが直近でなかったら大丈夫なことも多いですが、延滞だけは審査落ちです。
金融機関によっては、返済能力で無職でも対応するなど、担保の存在がいかに大きいということです(金融事故のある無職はさすがに審査落ち)。

 

絶対に審査落ちの条件

不動産担保ローンでは、固定資産税の未払いの不動産は審査対象にならないです。
実はこの税金を支払いために、不動産担保ローンの申し込みをしたい方は諦めて下さい。
どんな物件だとしても、納税されていないものは抵当権に入れられないです。
また、抵当権も第2は審査落ちの場合も多いです。
物件にすでに抵当権がついている、根抵当権の不動産、限度額を越える希望額などは審査に通らないことが多いです。
金融事故に関しても、致命的なものは審査対象にならず、指定信用情報機関での信用情報でNGがでたら審査落ちです。
銀行の審査では、自社で行うのではなく、保証会社が行います。
事前審査で銀行で審査通過でも保証会社のOKがなければならないです。
この関係で、最初は審査通過だけど、あとで審査落ちでしたの結果に成ることも多いです。

 

不動産担保ローン専門会社の存在

不動産担保ローン専門業者も多いです。
銀行と大きく違うのは、審査が甘い、審査が早い、金利が高いことです。
インターネットで申し込み、全国対応でどこからでも申し込みができる業者が多いです。
基本的に延滞以外の金融事故でも借りられることが多いです。
総量規制対象外ですが、ブラック対応には金利が高くなってでも契約ができます。
他社借入が多い方、まとめローンにしたいなどの相談も対応しています。
担保価値が高ければ、すぐに審査通過の知らせがくるなど、即日融資ができる場合もあります。
返済事故があるとNGのはずが、不動産担保ローンの場合は、すぐに審査通過できるなど、金融業者に対応では驚くこともあります。
ただし、この場合の金利はかなり高いです。
手数料も別にかかりますから、借入総額と返済総額のシミュレーションは必ず行うことです。
不動産を失うリスクを抱えての不動産担保ローンです。
銀行以外の高い金利の不動産担保ローンの利用にはよく検討が必要です。

 

▲メニューに戻る

 

審査が甘い不動産担保ローンとは言うけれど

審査が厳しい銀行ローンの審査落ち後、資金調達方法としては大手消費者金融、中小消費者金融のキャッシング、そして不動産担保ローンで存在しています。
キャッシングやカードローンは無担保と保証人無しです。
しかし、不動産担保ローンは、担保のあるローンであり、借入状況が良くない多重債務者でも借りられることがあります。

 

審査項目はカードローンと同じ

審査基準は甘いですが、在籍確認があったり、年収なども確認します。
ただ不動産の評価額から借入額が決まりますが、年収に対応する限度額が決まります。
借入金額は、その時の信用情報なども関係します。
融資可能額は、審査次第です。
年収は高い方が良いのですが、良い条件で借りるためには、勤続年数が長い会社員などのカードローンの好条件と同じです。
年収が高く、勤続年数も長い。
当然不動産担保ローンの審査通過が良くなります。
事業での不動産担保ローンの利用でも赤字決算より黒字経営などが良いです。

 

多重債務者にも有利

他社借入件数が多い、不動産担保ローンでのまとめローンも検討できます。
金利が低く、まとまった資金調達ができ、借入総額が多重債務完済ができるのであれば、理想的です。
あとはゆっくり1つの不動産担保ローンの返済をしていけば良いのです。
総量規制対象外の借入ですから、総量規制分の多重債務完済をしたのなら、個人信用情報機関もきれいになります。
多重債務解消で不動産担保ローン、また消費者金融で借入を。
そんなことも実現できます。

 

銀行の不動産担保ローンがベスト

それは金利が低いからです。
本人以外の不動産担保ローンも契約ができます。
固定資産税の支払いをしていることが、カードローンの審査項目にないことですが、税金を払っていれば、審査されます。
評価額の7割程度です。
評価額を出すため鑑定代、抵当権の書き換えの事務手数料などが別にかかります。
借入額に対応するもので、10〜20万円程度の手数料は覚悟して下さい。
無担保ローンにはないものですが、保証人は基本的に不要です。

 

消費者金融のカードローン、銀行の不動産担保ローン

不動産担保ローンのメリットは、金利が低いことと借入額が大きいことです。
そして、デメリットは、返済期間が長い、返済できないと不動産を失うことがあることです。
そのリスク回避のための返済期間を長くするかたが多いですが、そのことで返済総額が多くなることもあります。
デメリットの一つですが、そのことによって、事業がうまくいったり、まとめローンができたり、危機脱出ができたとしたら、メリットに変わることもあります。
できれば、銀行で不動産担保ローンが良いのですが、審査してみないとなんとも言えないことです。

 

▲メニューに戻る



このページの先頭へ戻る