不動産担保ローン メリット デメリット

無担保のローンに比べると、融資額が大変大きい事は利用上の最大のメリットだと思います。しかし、審査があるので必ず融資を誰しもが受けられるわけではありません。最短でも5日程かかるので、一般消費者金融のような即日融資は不可能です。

 

融資に至るまでは書類なども揃えたりして決してスピーディーではないようです。高い金額を動かすので、仕方ないと言えば仕方ないでしょう。金利の相談が可能で、不動産の価値が融資額を上回っている場合など、低金利で相談交渉が可能だったりします。

 

デメリットに関しては、初期費用が結構高いんですよね。
登記手数料及び事務手数料など、費用と手間がかかる点はデメリットの一つです。

 

登記簿謄本に自分の事が登記される為、債務額などを知らない人から見られてしまうという点や、金融機関が優先弁済権を持つ為、無担保ローンと比べて、債務の返済条件に対して変更など相手側は強気な立場になるという事。返済が遅くなったり、支払いが停滞するような人は金融機関側の判断によって、切り捨てられるといいますか、もう支払ってもらえないと思われた場合、即担保にしている不動産物件(持ち家のマンション)などが競売に出されて売却されてしまうという点。

 

総合的に考えると、お金は一時的に多額融資を受けられる場合があるが、下手をすれば家を失って、金融機関からも返済出来なかった事により信用を失います。最悪はブラックとされてしまい、どの金融機関からもお金は借りれなくなる他、家も無くなるというダブルショックとなるのです。

関連ページ

不動産担保ローン利用者からのアドバイス
契約上一度でも返済を怠れば不動産を取られてしまう事実があります。一般消費者金融と比較すると担保を設定している分、金利は低い傾向です。手続費用や初期費用が掛かるため、最初からある程度の資金を用意して、不動産担保ローンの融資に臨むと良いでしょう。
マンションを担保にしてお金を借りるリスク
リスクとしては、返済できない場合に家を競売に出されてしまう。担保にしていた家がローン金額より下回っている場合に、重たい借金となる。支払いが出来ず信用性を失うとブラックになるなど、の問題があります。慎重に判断をして、担保ローンを借りるようにしましょう。
早く借りれる不動産担保ローンはドコ?
早く借りれて対応の良い不動産担保ローンの融資先と言えば、特にスルガ銀行が審査も緩くていいとの事です。その分金利は高めとなり、融資が難しい物件では売ることも難しいとのことです。利用するメリットはありますが、いつ家が無くなるか分からない点でも、リスクを考えて利用しましょう。
スター不動産担保ローン
スター不動産担保ローンは実質年率及び金利が3.2%〜7.2%で、融資額としては、100万〜最大1億円とその額の大きさがあります。大手の会社であり、はじめての方でも比較的安心してご利用できる点が良いでしょう。査定によっては融資額が大きくなるので、通常のキャッシングとは違うのです。
マンション担保 福岡
福岡の金融機関などでもマンション担保での借入ができる金融機関が揃っています。たいていの不動産担保ローンの場合、団体信用生命保険や保証会社の保証が大切になります。健康で、一応保証ができる方なら、様々な条件のマンションでも担保にできます。
マンション 担保 借入
不動産担保ローンは大きなお金が必要な時に便利です。特にマンションを担保とした場合には、その分金利が低くなったり、審査も甘くなるのです。自身のマンションの価格をきちんと把握しておくことで、査定に有利に臨めるのです。融資額も関わってくる重要な部分でもあります。
マンション担保に借金
全ての借金をマンションを担保とする不動産担保ローンにすることで、返済額が減少する可能性があります。多額であるほど低金利になるのです。まとめローンとしての活用で、返済日も金利も一つで管理できるため、短期間の返済も見込めるようになり、負担が減少する可能性があるのです。
マンションの担保価値
不動産の担保価値によって、融資可能かどうかを判断するのですが、融資可能額は担保価値の約7割と言われています。住宅ローン中であればもっと下がります。また古いと更に下がることもあるのです。一般的には担保価値と地価によって、金融業者の態度や評価も変わるのです。
ローン中のマンション担保でお金借りる
ローン中のマンションの担保は不可能なことではありません。不動産担保ローンとして、対応する金融機関もあります。第1抵当権の余力があれば、第2抵当権としての借入が可能になります。ですから、マンション購入すぐの借入は難しいですが、ある程度の返済があれば、余力分の借入の相談ができます。
マンションを担保に融資
マンションを担保にし融資を受ける不動産担保ローンでは、住宅ローンとは貸付の目的が違い、不動産投資に対し特化したローンです。担保物件への事業の状態を審査した上で、事業の採算性や可能性が重視され審査の対象となり、返済を含めた事業の計画性が見込まれれば融資となります。
マンション担保 ローン
マンション担保ローンは不動産担保ローンとしての利用が可能です。対応しても限度額の引き下げ等も容赦なく行われる可能性があります。低金利の融資額は土地や物件は勿論ですが、収入が低いと落とされるので注意しましょう。最終的な返済額など確認した上で、契約に踏み切りましょう。

このページの先頭へ戻る