家を担保にお金を借りるリスクの関連記事

  1. 不動産を担保にして銀行からお金を借りることができるの?
  2. 消費者金融会社の不動産担保ローンは使えるの?
  3. まとまったお金が必要なときに頼りになるのが不動産担保ローン
  4. 不動産を担保にするリスクって何?
  5. 不動産担保ローンを利用して人生を立て直す

 

不動産を担保にして銀行からお金を借りることができるの?

不動産というのは、土地家屋のことです。もちろん自己所有ということですね。そして、融資を受けたいということになると、銀行からの借入れということを考える人は多いと思います。それは、当然のことでお金を借りようと思ったら、まずは金利の一番低い銀行からのローンを考えるからです。当然ですが、金利が低いほうが返済も楽になりますから当然のことです。現在はローンの方としてカードローンが花盛りです。カードローンのメリットは融資限度額内であればいくらでも入出金が可能なことです。しかし、これも一つ間違えればいつまでたっても支払いが終わらないということにもなりかねません。銀行などの金融機関での借入れが一番なのですが、それがかなわなければ消費者金融会社のカードローンということになります。
しかし、銀行はそれほどお金がかりづらいところなのでしょうか。考えてみると住宅ローンの審査も膨大な時間がかかったような気がすると感じている人も多いでしょう。中には審査に落ちた人もいるかもしれません。それだけ銀行は融資に関して慎重だということです。特に住宅ローンとなると返済期間も長いですし、申込者の年齢も考慮されることでしょう。支払いが終わらない、まだ佳境という時期に高齢者になってしまうこともあるからです。
それでは、どうしても銀行から借入れをしようと思うと不動産を担保にするのはどうでしょうか。不動産などの抵当権を担保にするのですから、容易に借入れができるような気がします。担保に入れるということは、返済が不能になったら不動産がなくなってしまうというリスクもあるのです。そのようなリスクを背負っての融資の申し込みですから、銀行も嫌とは言えないのではないかという論理ですね。
答えはYesかNoのどちらかというと、Noになります。というのも個人への融資の場合、銀行はそれほど担保というのは重視していません。重視しているのは申込者の支払い能力だからです。取得した担保物件の処分も大変ですから、利用者に対する融資額というのは担保で計るものではないというスタンスです。そして、担保設定をするということはそうしないとお金を借りることができないのではないかということになります。これは申し込む人の事情によるものですが、基本的に不動産担保ローンというのは消費者金融会社の金融商品と考えていいでしょう。家を担保にするというのも相当な覚悟が必要です。もっとも、それに対して銀行はそれほど重きを置いていないということを理解しておくべきでしょう。
多額の融資となると銀行カードローンとなるのですが、これも先述したように限度額内であればいくらでもお金の入出金ができる仕組みのローンです。ですから、融資可能額に余裕があると思うとついつい出金(借入れ)をしてしまっていつまで経っても返済ができないということにもなりかねないのです。
せっかく手に入れた家ですから、担保に入れるということは考えないほうがいいでしょう。銀行などの金融業者でしたら、個人の担保はそれほど重視せず、重視するのはその人の属性や返済能力ということを覚えておいたほうがいいです。また、銀行はおまとめローンについてもそれほど積極的ではありません。多重債務の解決策としてしばしば話題になるおまとめローンですが、銀行の場合は多重債務ということにかなりのアレルギーをもっていると考えていいでしょう。もっとも、銀行の中でも東京スター銀行などはおまとめローンなどに熱心ということですが、銀行ですから、審査は厳しいと考えていいでしょう。また、年金支払いをあてこんでの融資の申し込みなど、年金は安定収入のうちに含まれるのですが、年金の収入自体がそれほど高額ということではないので、資金的には疑問符が付きそうですね。
また、金融機関ではリバースモーゲージという金融商品を売り出しています。これは不動産を担保にしている形になるのですが、毎月年金のような形でお金を融資してもらう形です。ですから、常に借金は膨らんでいく形になります。最終的にはどうなるのかというと、満期時あるいは契約者死亡のときに精算する形です。最終的には不動産を手放すのですが、それまではその家に住み続けていられるのが特徴となっています。こういう形の融資もあるというのも覚えていて損はないでしょう。

 

▲メニューに戻る

 

消費者金融会社の不動産担保ローンは使えるの?

銀行では難しくても消費者金融会社なら、不動産を担保にしたらすぐにお金を借りることができるのでは?と考える人も少なくないでしょう。これは、実際にはNOと言えます。また、通常のカードローンのように即日融資ということもありません。それは何故かというと、担保ローンだからです。これは、不動産の評価額が決まらないと融資ができないのです。たとえば担保にする不動産の評価額が500万円としても、申し込みを受けてから、実際に不動産評価額の算定に入ります。申込者がいくら500万円と説明しても、消費者金融会社のほうでも独自に評価額を算定するのです。その結果、評価額が400万円ということになったら、400万円までの融資となるのです。不動産担保ローンは評価額以上の融資を決して行いません。そして、通常のカードローンと比べても高額融資となりますから、契約者にとってもメリットがあるのです。
もっとも、担保を設定するために書類も用意しなくてはいけませんから、即日融資ということは先述したようにありません。すぐにお金が必要なときはとりあえずカードローンを申し込んで、急場をしのいで、不動産担保ローンのための書類を準備することから始めたほうがいいでしょう。
不動産というのは、それまで積み重ねてきた資産ですから、誰も手放したくはありません。それを担保にして金融商品である、不動産担保ローンに申し込むのですから、申込者にとっては返済にも力が入ることでしょう。担保があるので、審査も緩いものとなっています。消費者金融会社としては融資をした金額について、焦げ付けを起こすことがまったくないのですから、当然と言えば当然です。貸し倒れがないのですから、消費者金融会社としてはすぐにでも融資をしたいことでしょう。ですから、消費者金融会社としては不動産の評価額をすぐにでも確定したいわけなのです。そして、その評価額以上の融資はしないということですね。
不動産担保ローンの借入方法としては、まずは不動産に関する不動産確認書類が必要ということになります。高額融資が期待できるので、個人事業者などのビジネスローンとしての意味合いもありそうです。また、返済不能となると当然のことですが、消費者金融会社は抵当権を行使して、不動産を売却処分にして、焦げ付き分を補填します。その場合はその家は持ち主の元に戻ることはないということを理解しておかなければいけません。もっとも、担保設定をしたほうが、借金の自覚があって、きちんと返済する方向に力を注ぐことになります。まかり間違って不動産を手放してしまうという可能性もあります。また、高額融資を受けると返済期間が長くなります。そうなると申込者の年齢も気になるところです。あまりにも返済期間が長くなるのも考えものと言えるでしょう。ビジネスローンや事業者ローンは融資額が高額になるだけに、慎重に選択しなくてはいけません。もっともカードローンと違って融資限度額内であればいくらでも入出金が可能という性質のものではありません。ですから、融資を受けたら後は返済に専念することができるというメリットもあるのです。
住宅がなければ人は生きていけません。それが持ち家なのか賃貸なのかの違いがあるのです。融資を受ける際には審査を受けなければいけません。その審査には申込者それぞれの属性が大きくものを言います。そこには、持ち家か賃貸かという問題も含まれているのです。当然ですが、持ち家のほうが属性は高くなります。この属性が高くなると言うのは当然のことですが、融資を受けやすくなる評価につながるということです。
気軽さといった面ではカードローン商品がいいのですが、高額融資は期待できない場合が多いです。なぜなら消費者金融会社では、総量規制があるからです。不動産担保ローンは総量規制対象外というのも一つの魅力となっているのです。

 

▲メニューに戻る

 

まとまったお金が必要なときに頼りになるのが不動産担保ローン

不動産担保ローンというサービスがあります。担保というから、銀行の金融商品かなと思うのですが、基本的に銀行が不動産担保ローンを手がけることは少ないようです。それでは、どこがこういったサービスをしているのかというと、消費者金融会社ということになります。不動産の価値を利用して融資を引き出そうということですから、利用者にとっては高額融資が期待できます。また、融資する側の消費者金融会社にとっても、貸し倒れがおきないのでローリスクということが言えるのです。仮に利用者が返済不能になったとしても、不動産の抵当権を行使して、処分することで融資したお金が戻ってくるのです。ですから、消費者金融会社は、不動産の評価額までしか融資することはありません。通常家屋の価値はたいした値段になることはないのですが、土地については数百万円あるいは数千万円になることもあるので、個人向け融資というよりも事業者向けローンという意味合い、あるいは位置づけになることもあります。
消費者金融会社の不動産担保ローンは、銀行系カードローンの審査に落ちた人が、確実に融資を受ける最後の手段と言えるかもしれません。もっとも、不動産担保ローンには限度額というのがありません。最初に受けた融資金額をひたすら返済していくだけです。これが、ローンの本来のありかたですね。300万円のカードローンを借りてしまうと、いくらでも入出金ができるので、いつまでたっても返済が終わらないということにもなりかねません。カードローンのメリットとして挙げる人が多いのですが、多重債務に陥るような人にとって、これはデメリット以外の何者でもないでしょう。
また、不動産担保ローンは何度も挙げていますが、ビジネスローンや事業者向けローンとして考えるといいでしょう。高額融資が期待できますし、ビジネスローンでも融資金額は高額であればあるほど嬉しいものです。また、個人事業主である場合は自宅を仕事場にしている人も少なくないと思います。そのような場合は、職場を担保にすることになるのですから、返済には力が入ることでしょう。しかし、一旦間違えると返済が滞ってしまって、仕事をする場までも奪われると言う形になってしまいかねません。そうならないようにもしっかりとした返済計画を立てるようにしなくてはいけません。
不動産には土地と家屋があります。一般的に家屋の値段というのは数百万円、あるいは数千万円かけて新築したにしても、すぐにその価値は下落してしまいます。たくさんのお金をかけたのに、10年もすればその価値は限りなくゼロに近くなるのです。反対に価値が落ちないのが土地です。その土地の不動産評価額が、そのまま不動産担保ローンの融資限度額になると考えていいのです。
いずれにしても、消費者金融会社の不動産担保ローンは、不動産があればこそ利用者にとって大きな力になることは間違いありません。

 

▲メニューに戻る

 

不動産を担保にするリスクって何?

まとまったお金が必要になると、不動産担保ローンが確実に融資を受けることができます。ブラックの人でも?という質問もありますが、おそらくブラック状態あるいは、自己破産をしている人でしたら、持ち家が仮にあったとしたら家を手放さなくてはいけないでしょう。そして、任意整理の場合も同じようなことが言えます。任意整理は特に、借金を返済することが前提になりますいから、持ち家があるのでしたら、それも売却して返済の一部に充てることになるのです。もっともこのような場合は、かなり高額の債務になります。それでも、手元に現金がなければ不動産の売却ということも十分に視野に入るでしょう。
不動産を担保にするというのはある意味、不動産を人質に出すようなものです。身近なところでは質に入れると考えたらいいでしょうか。もっとも、人質でも質屋でも若い人にとっては馴染みのないものかもしれません。いずれにしても、不動産担保ローンというのは持ち家がある人にとっては、人気ポイントとなる融資であることは間違いありません。確実に融資を受けることができるのですから、心強い味方となるでしょう。
それでも、返済に詰まるようなことがあれば、大事な不動産を手放すことになります。利用者の年齢にもよりますが、事業などで大成功しない限り不動産を再び持つことはできないでしょう。不動産担保ローンにも上限年齢というものが設定されています。多くは60歳となっていますが、担保ローンですから、もっと上限年齢を上のほうに設定している消費者金融会社もあります。老後資金あるいは老後の資産として不動産を持っている人は、反対に前述したリバースモーゲージを考えてもいいかもしれません。
金利は消費者金融会社の中ではかなり低めとなっているのも嬉しいところです。しかし、住宅を住宅ローン金利といった低い金利で手に入れたことを考えると桁違いですから、すごく高く感じることでしょう。不動産担保ローンを利用するには必要書類を集めなければいけません。というのも土地や家屋を評価してもらうのですから、家を購入したときの書類一式があると間違いないでしょう。収入証明書も必要になります。もっとも、不動産担保ローンを利用するにも年齢上限がありますから、申し込む人がその条件に当てはまってなければいけないのです。不動産価値というのは年々変動があります。それでも土地の価格はそれほど上下動はなく安定していると言えるでしょう。
いずれにしても不動産担保ローンはまかり間違えば、住む家住む土地をなくしてしまうリスクがあるということをしっかりと認識しておかなければいけません。

 

▲メニューに戻る

 

不動産担保ローンを利用して人生を立て直す

不動産を担保にして融資を受けるというのは、ある意味人生をかけていると言えるでしょう。何か新しい事業を始めるという前向きなものであればとてもやりがいがあります。いっぽうで、多重債務に陥ってその返済に窮しているのでまとまったお金が欲しいというときにも、不動産担保ローンは大きな力を発揮してくれるのです。ある意味おまとめローンと同じような意味合いになるでしょう。不動産価値も重要なのですが、まとまったお金を融資してもらえるので、多重債務を解消するには最適な手段と言えます。もっとも、今度こそきちんと返済しなければ、土地や家を手放すことになるので、その点がデメリットと言えるでしょう。
しかし、ここで踏ん張らないと人生も二度と立ち上がることはできないのです。不動産担保ローン返済も大変ですが、できるだけ大手消費者金融会社の不動産担保ローンに申し込みをお願いするようにしたいものです。老後の資産にと住宅ローンを完済したかと思うと、不動産担保ローンに活用するということですから、土地と家屋はやはり持っておいて正解だったと思うことでしょう。まさに資産価値として十分な働きをしてくれるのは間違いありません。
不動産担保ローンの返済期間というか契約期間はあらかじめ決まっているので後は返済していくだけということになります。それだったら不動産売却をするという選択肢はないの?ということですが、不動産を簡単に手放してしまったらそれまでになってしまいます。売却したお金が手元に残るのですが、それを元手に新しい家が購入できるのならいいのですが、何かの借金の返済の足しにするというのでしたら、虎の子の家や土地を売却したことが無駄になってしまうような気持ちになってしまいますね。
いずれにしても、融資商品として不動産担保ローンは優秀です。融資する側の消費者金融会社にとって大きなリスクは存在しません。融資した額が完済されれば一番いいのですが、返済できなかった場合も不動産所売却で現金を得ることができるのですから、旨味のない話ではないのです。一方で申込者のほうはハイリスクローリターンと言えるかもしれません。

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る