東京スター銀行の不動産担保ローン

不動産担保ローンは銀行の低金利が魅力です。
東京スター銀行の最低金利が変動金利で1%を切っています。
固定金利でも1.3%からと言うのは、他の不動産担保ローンよりも低金利。
最高でも9.25%です。
もし不動産をお持ちの方で、多重債務の方はすぐにでもオススメしたい商品です。
返済期間は20年となっていて、借り換えにも適した内容です。
ネット銀行の不動産担保ローンは、手数料なども低く(12〜13万円)ですが、東京スター銀行は100,800円と低水準です。
全てに関してかかる金利も手数料も低く、借りるなら東京スター銀行が良いといえます。
不動産担保ローンの限度額は1億円となっていて、こちらはワイドです。

 

デメリットと言えば、来店の必要があることです。
そして、一部地域限定ということも、全国の東京スター銀行ファンには利用できない可能性がある点でしょう。
ネット完結ではないのですが、相談ができると言うのは嬉しいことなのですが、地域限定は痛いことです。
そして、審査期間が長いことで、申込はしたけれど、審査の合否がなかなか出ないのもイライラです。
これだけ低金利を見せつけられたのでは、他の不動産担保ローンは考えたくないというのが本音です。

 

口コミでも、この審査の長さは不評です。
おまけに審査が少し厳しすぎる?とも言われているのですが、使途自由ですから、多重債務解消のおまとめローンにも適しています。
ということは、他社借入をしている方もいけるのですが、年収が低い方は難しいかも?との批評もあります。
一応、年収が200万円以上となっているのですが、実際は希望金額によって、審査結果も左右されることがあります。

 

どの不動産担保ローンも同じですが、信用情報の部分で、債務整理後だったり、延滞しているなどの不利な条件は審査は通らないことが多いです。
審査項目としては、信用情報が主ですから、ここは注意しなければならないことです。
不動産担保ローンをお考えの方は、第一に東京スター銀行は候補に入れるべきです。
不安な方でももし審査に通るのなら、低金利は有り難いことですし、高い物件の場合は余裕の1億円です。
もちろん返済ができる範囲の借入れになりますが、余裕のある融資が期待できます。
銀行系は低金利といいますが、東京スター銀行の低金利はその中でもピカイチです。

関連ページ

リレー式不動産担保ローンの借り方
不動産担保ローンのオススメは断然銀行系です。大手であればあるほど信用は高いだけではなく、金利が低いのが魅力です。最近では、住宅ローンも含め、東京スター銀行や住信SBI銀行などのネット銀行が口コミでも評判です。
楽天銀行の不動産担保ローンの口コミ
楽天銀行の不動産担保ローンは、ネット銀行の中でも口コミで評判です。5年固定の最低3.49%、最高でも9.69%と低水準。20歳からの利用ができ70歳までの申込が可能(完済は80歳未満)。基本データは、他銀行と変わりはないのですが、仮審査までが数日とスピーディーです。
不動産担保ローンは口コミでは借りやすいというのだけど
不動産担保ローンは、自宅などを担保にして借入ができます。担保があるということは、審査が無担保ローンより甘くなる特徴があります。しかも、限度額は、その不動産によって違うことから、多少年収が低い方でも、価値の高い不動産を持っている場合は、高額の借入ができる可能性もあります。
中小消費者金融エニーの不動産担保ローン
消費者金融エニーをご存知でしょうか?CMなどはしていないのですが、一部の方たちには口コミで評判となっている中小消費者金融です。この中小と言うのは、消費者金融としては規模が小さいのですが、最大のウリは、大手消費者金融で借りられない方にもお金を貸してくれる可能性が高いということです。 検索をするのなら「審査が甘い」消費者金融ということなのです。
不動産担保ローンで融資を受けることも検討してみよう
審査に不安がある場合でもお金を借りたいと思ったらどうしたらいいでしょうか。銀行カードローンの審査に通らないのであれば、次に消費者金融会社から融資を受けようと考えることでしょう。消費者金融会社にもいろいろな種類があります。
確実に融資を受けたいと思ったら不動産担保ローン
資金繰りに窮してしまうと、どこからお金を用立てしようか考えてしまいます。ネットの口コミなどを見てみると、資金繰りについて自分はこうして急場をしのいだ…という書き込みをたくさん見ることができます。それに自分をあてはめてみてどうしたら急場をしのぐことができるのか、資金を調達できるのかを探すことができるのです。不動産担保ローンを利用するシーンというのは事業資金が多いことは間違いありません。また、通常のカードローンよりも金利が低く設定されているのも魅力です。そこで気をつけたいのが返済期間です。融資金額が高額になるので、返済期間というのも長期に渡ることになります。その長期間にわたっての返済となると、またまた資金繰りに窮してしまうことにもなりかねません。不動産を担保にして融資を受けているので後がない状態なのは間違いないのです。そういった場合に資金繰りに窮してしまったらどうしたらいいのでしょうか。
できれば不動産担保ローンは銀行から
不動産を担保にできるローンですから、銀行の不動産担保ローンも審査に通りやすいと思っている人も多いでしょう。確かにそうなのですが、そこで気をつけておきたい点があります。不動産担保ローンを活用しようというのは全ての人において最後の手段的なローンと位置づけている人も多いでしょう。審査に通らないから不動産を担保にするローンしか後は道がないという人も少なくないかもしれません。これは確かにそうなのですが、そうなった場合の注意点として、そこに行き着くまでにすでに多重債務に陥っていないかという点です。さらに多重債務から複数回滞納などをしていないかという点も銀行は見ているのです。この場合は申込み内容から信用情報機関に照会します。信用情報機関では申し込み者の全ての与信情報を照会できますから、カードローンの滞納やクレジットカードの滞納などがないかなどを詳細にチェックしているのです。クレジットカードの滞納というのは多くの人が経験しているのではないでしょうか。クレジットカードの滞納は誰もが軽く見がちです。そして多くの人が滞納についてすぐに返済していることでしょう。そうしないとクレジットカードが使えなくなるからです。だからこそ、クレジットカードの滞納は誰もが軽く見がちになるのですが、そういったうっかりミスによる滞納も信用情報機関にしっかりと記録されています。
銀行の不動産担保ローンが一番だけど消費者金融会社の選択肢も
なんといっても金利の低い銀行融資が一番ですが、会社の経営者となるとそうも言ってはいられないでしょう。カードローンなどの個人向けの融資商品では借りる金額にも限度があります。ですから、事業融資向けであるならば、運転資金確保のためにも不動産担保ローンがいいでしょう。また、不動産を担保にしないビジネスローンや事業者ローンなどもあります。これらは不動産担保ローンと融資額においてもそれほど変わりはありません。違いは担保があるかないかの違いだけです。担保の必要のないビジネスローンや事業者ローンに人気がありますが、銀行は消費者金融会社に事業者ローンやビジネスローンの融資の申込みに行っても、簡単な審査の上に何か担保にするか保証人を立てるように求められる事も多いのです。事業者としては保証人を立てるのは個人向け融資以上に難しいものです。そうなると借入れをするためには担保設定をするしかないということになるでしょう。銀行や消費者金融会社の商品概要には様々なものがあります。消費者金融会社によってはカードローンも不動産担保ローンもすべてひっくるめて一つの金融商品として扱っている場合もあります。このあたりは資金調達プロなどがネットの口コミサイトなどを利用して書き込んでいるので参考にするのもいいでしょう。保証人をどうしても立てなくてはいけない場合は日本保証協会を利用する方法もあります。これは無料ではないのでかなりの経費がかかることを覚悟したほうがいいでしょう。ネットからの申込みを受け付けている銀行や消費者金融会社も多いのですが、高額融資になることの多い不動産担保ローンでは、土地の評価額の把握も必要になるので関係書類一式を持って対面での申込みのほうがいいでしょう。何よりも本人がいるのですから本人確認も簡単です。在籍確認なども必要になりますが、電話連絡で確認が取れればいいのでそれも簡単に済ませることができるはずです。資金融資については銀行系が一番ですが、消費者金融会社でも高額融資になるとかなり金利が低くなります。消費者金融会社からの借入れということで金利の高さを気にする人もいるようですが、銀行から不動産担保ローンの融資が受けられない場合は他に選択肢はありません。また、消費者金融会社からの借入れでは、総量規制を気にする人も少なくないでしょう。不動産担保ローンは総量規制の対象外です。ですから、消費者金融会社の融資可能額の上限まで借りることが可能です。
最後の手段としての不動産担保ローン
お金が必要になる場合の資金調達の方法もカードローンなどの融資だけではありません。ネットの口コミなどを参考にしてみるとわかるのですが、ファクタリングというのも有効な方法です。これは法人や個人事業主などに主に関係しているのですが、請求書も一つの債権ですから、それを買取ってもらう方法です。請求書の現金化というわけです。現金化というとなにやら怪しげな方法にも見えるかもしれませんが、ファクタリング会社というのは多数存在しています。そしてなによりも経産省などのお墨付きもあるくらいの手法ですから、安心安全に資金を獲得できるのです。この方法は審査なども必要ありません。請求書があれば大丈夫ですから、資金調達にはかなり有益な方法と言えるでしょう。資金融資を考えている場合はファクタリングも念頭にしておいたほうがいいですね。資金ショートを起こしそうな場合は危急の事態となりますから、すぐにお金が必要となる場合が多いです。その際の資金調達にもファクタリングはかなり重宝する資金調達法といってもいいでしょう。金融サービスはいろいろですが、ファクタリングは現在もっとも注目されているのです。法人向けですし、個人は関係ありませんから信用のおける取引方法であるのは間違いありません。不動産担保ローンに話を戻しますが、利用目的は事業資金に限るという場合が多いです。中には投資目的で不動産担保ローンを利用したいという人もいますが、これは自己責任であるのはもちろんですが、銀行ではそういった投資目的の融資は行っていないのが普通です。消費者金融会社も目的がわかれば融資を断る可能性もあります。投資家にとっては少ない資金でコツコツと運用益をあげていくのがもっとも確実な方法でしょう。このくらいのお金があれば確実に儲かるという自信があれば、それを少ない資金で実績を積み上げていくのがもっとも適切な方法と言えます。事業資金調達となると高額融資になりますから、個人向けのカードローンよりも不動産担保ローンのほうがより高額融資を受けることができます。不動産を担保にしているのですから、一つ間違えば住まいや土地をなくしてしまう可能性もあります。しかし、事業を営んでいるかぎりどうしてもリスクを乗り越えなくてはいけない場面もあります。最後の手段としての不動産担保ローンですが、何かを乗り越えるための手段として利用する最善の手段でもあるのです。

このページの先頭へ戻る