リレー式不動産担保ローンの借り方<

 

不動産担保ローンのオススメは断然銀行系です。
大手であればあるほど信用は高いだけではなく、金利が低いのが魅力です。
最近では、住宅ローンも含め、東京スター銀行や住信SBI銀行などのネット銀行が口コミでも評判です。
審査項目も多く厳しいし、審査にかかる期間も長いのですが、この2つの不動産担保ローンは口コミでも評判になっています。

 

なぜ銀行系が安心か?というと、

  • 低金利
  • 安心

が大きなポイントになります。
安心の点でいうと、不動産担保ローンの場合、無担保ローンと違い不動産の鑑定から始まります。
確かな鑑定と審査基準がしっかりとしている点で、金融の信用から言うと、金融機関では銀行がベストです。

 

ただし銀行系のデメリットとして、

  • 審査がとても厳しい
  • 審査期間が長い(1〜2ヶ月)

とされています。
すぐに資金がほしいという場合、合否が出るまでにこの期間はどうしても困ってしまう。
だから、ノンバンク系の不動産担保ローンに行きたいところですが、金利が高いい事で躊躇してしまうのです。

 

銀行系とノンバンク系はそれぞれ一長一短があります。
そこで、ベストな不動産担保ローンの借り方があると口コミで紹介されていました。
これは、一応銀行系の不動産担保ローンでの審査が通る人だと考えましょう。
審査内容は不明ですが、他の借り入れがなく、今までも金融事故もなく、年収も安定しているという方の場合です。

 

銀行の不動産担保ローンにも申込をしている間に、ノンバンク系の不動産担保ローンに申込をします。
この時にすでに銀行系に申込をしていることで、第二抵当権でなければならない場合もありますが、その事情を説明します。
要するに銀行の不動産担保ローンの審査待ちの状態であること、そちらの審査が通れば、返済ができることを説明します。
多分銀行の不動産担保ローンの審査に通る方は、ノンバンク系の不動産担保ローンは問題なく、数日での融資が可能です。

 

銀行の不動産担保ローンで審査が通れば、ノンバンク系の返済を一括で行えば良いのです。
ノンバンクの不動産担保ローンにかかった手数料などは、銀行の不動産担保ローンの安い返済額と比較をしたら比にならない程度です。
一時的に2つの不動産担保ローンの申込をした状態になりますが、最終的には。低金利の銀行不動産担保ローン1つになります。

 

ノンバンク系の臨機応変な審査は魅力的です。
すぐに融資が受けられますが、返済になると大きな負担となってしまいます。
そんな方にこんなリレー方式の不動産担保ローンの利用がオススメです。
しかし、銀行の不動産担保ローンの審査に通らなければ、高い利息の返済になりますが、それは仕方のないことです。

関連ページ

楽天銀行の不動産担保ローンの口コミ
楽天銀行の不動産担保ローンは、ネット銀行の中でも口コミで評判です。5年固定の最低3.49%、最高でも9.69%と低水準。20歳からの利用ができ70歳までの申込が可能(完済は80歳未満)。基本データは、他銀行と変わりはないのですが、仮審査までが数日とスピーディーです。
東京スター銀行の不動産担保ローン
不動産担保ローンは銀行の低金利が魅力です。東京スター銀行の最低金利が変動金利で1%を切っています。固定金利でも1.3%からと言うのは、他の不動産担保ローンよりも低金利。最高でも9.25%です。もし不動産をお持ちの方で、多重債務の方はすぐにでもオススメしたい商品です。
不動産担保ローンは口コミでは借りやすいというのだけど
不動産担保ローンは、自宅などを担保にして借入ができます。担保があるということは、審査が無担保ローンより甘くなる特徴があります。しかも、限度額は、その不動産によって違うことから、多少年収が低い方でも、価値の高い不動産を持っている場合は、高額の借入ができる可能性もあります。
中小消費者金融エニーの不動産担保ローン
消費者金融エニーをご存知でしょうか?CMなどはしていないのですが、一部の方たちには口コミで評判となっている中小消費者金融です。この中小と言うのは、消費者金融としては規模が小さいのですが、最大のウリは、大手消費者金融で借りられない方にもお金を貸してくれる可能性が高いということです。 検索をするのなら「審査が甘い」消費者金融ということなのです。

このページの先頭へ戻る