事業資金 借りやすい 関連記事

  1. 資金調達は公的資金が絶対にお勧め 
  2. 制度融資はどうして落ちた?その原因は?
  3. 銀行融資でなんとか決めたい 借りるためにしたいこと
  4. 銀行融資がダメなら銀行ビジネスローンで借入を
  5. やっぱり1枚はもっておきたいビジネスローンカード

資金調達は公的資金が絶対にお勧め 

事業を始めよう、運転資金がほしい、事業拡大のため資金が必要。
事業資金は、さまざまなシーンで目的の違う資金調達になりますが、その時に頼る金融機関も変わります。
借りやすいところと言えば、借りる側にしてみれば、低金利で審査が甘いところですが、現実には、低金利なら厳しい審査ですし、審査が甘ければ高い金利になります。
事業資金では、個人・法人がありますが、金額が大きければ多いほど金融会社にしてみれば債権不良化にはしたくない、リスキーな融資は回避したいことから、審査内容も厳しいものになることが多いです。

 

開業資金の調達は日本政策金融公庫などの公的資金がお勧め

開業資金としてビジネスローンなどの利用はできないことが多いです。
銀行融資にしても、開業資金には二の足を踏むことが多いです。
決算書での審査をすることになる金融機関では、開業資金には消極的です。
しかし、公的資金の日本政策金融公庫(国金)などでは起業に向けての資金提供を積極的に行っています。
金融会社ではなく、借入の歳も低金利は当然のことで、経営者になろうという方を応援してくれます。
国民生活金融公庫などの資金募集要項を見ると、消費者金融ローンと比較をしても提出書類が多いですが、融資審査としては、まだ何もない状態ですから、パーソナルな信用情報などが関係します。

 

公的資金の審査

融資額に対しての計画書の予定収益なども確認します。
あまりにもかけ離れた希望額は難しいですが、緻密な計画書の提出で納得できる融資額を算出してみて下さい。
政府系金融機関では、信用情報の内容よりも、きちんと考えられた開業については、話を聞く耳を持ちます。
このような融資制度は、面倒な書類が多いと敬遠される方も、1%程度の金利、ビジネスローンの10分の一と聞けば、真剣に考えることでしょう。

 

事業資金は公的資金がやはり良い理由

それは金利です。
どんな理由にしても、金利が低くなることは、どんなに面倒な書類があろうともクリアすることができればあとが違います。
開業資金だけではなく、運転資金なども調達方法として一番に考えたい存在です。
ただ、審査に時間がかかることは否定できないことです。
ファクタリングやビジネスローンのように、審査が通る通らないの結果を知るのも時間がカカのます。
スピード重視で資金調達の場合は、対応できないのですが、時間をかけても資金なら、公的資金を。
創業融資だけではなく、すべての資金はこの制度の利用ができることで、返済負担が全く違います。

 

▲メニューに戻る

制度融資はどうして落ちた?その原因は?

借りやすい国金と行きたいのですが、日本政策金融公庫、国民生活金融公庫などでは、事業計画がきちんと立てられたところでなければ審査は通らないのです。
融資制度などは、計画書ありきといっても良いほどです。
◯◯だから、◯◯。
その納得行く説明ができるか、現実的な内容なのかは大きなターゲットになります。
また、このことは、ビジネスローンでも同じことです。
審査ハードルが少し下がるだけと言えるでしょう。

 

国金では審査落ち理由を教えてくれる

銀行ローン、消費者金融などと大きく違う点として、国金では審査落ち理由を教えてくれます。
主なものとして、

  • 事業計画ができていない
  • 事業実績などがない
  • 税金の未納
  • ローンの滞納

などです。
特に、下の2項目は、金融審査としては基本ですが、実績と計画については、これからしようという事業についての説明を強く求められることになります。
逆に言えば、計画書が完璧なら、審査も通る、借りやすい金融機関といえるでしょう。
創業融資ではなく、運転資金、事業資金などの時に参考にしてみて下さい。
融資申請のときには、利用者の話や担当者に問い合わせることで、より良い審査を目指すことです。

 

次の借入先を探す

国金が一番で、次に挙げるのは銀行融資です。
お勧めとしては信用金庫です。
個人事業主や中小企業の利用で融資を積極的に行うところが多いです。
政府系金融機関の審査落ちの方も信用保証協会付けの融資などがあります。
銀行の場合は、地元の中小企業に対しては高飛車な態度もあり、事業内容などの提示で、公的資金のような面倒な審査もあるのに、保証会社がNGでしたと言われることが多いです。
懇意な銀行ローンであれば、良いのですが、始めての事業資金としては、信用金庫の利用は欠かすことができないでしょう。

 

国金に落ちた方へ

必ず落ちた理由を検証してみましょう。
日本政策金融公庫などでは、審査落ちの方が多いと言われています。
ローン審査としては、どんな金融機関でも落ちたときには原因があります。
国金は厳しいからと何もしないでいると、銀行や信用金庫の融資も同じ理由で審査落ちしてしまう場合もあります。
民間のビジネスローンに行けば、もっとゆるい審査が期待できますが、最初に国金に行った方は、そこでの問題提起と解決の努力をしてみましょう。
資本金を増やすとか解決が難しいときには、銀行や信用金庫に相談を。
事業資金の調達として審査ですが、ここでも時間はかかります。
また、審査が難しい場合、不動産担保ローンなどの提案もありますが、簡単に返事はしないことです。
この金融機関の融資は急いでいないことが前提です。
しっかり検討してみて下さい。

 

▲メニューに戻る

銀行融資でなんとか決めたい 借りるためにしたいこと

日本政策金融公庫や自治体での創業融資としては、無担保無保証人で受けられる信用保証協会付きの保証付融資があります。
開業のときには、担保や保証人がいないことで、銀行などでの融資は難しいです。
国金であれば、低金利はもちろんですが、その低さは他の金融機関と比較にならないくらいです。

 

・最初は国金で良かったけれど
融資申請に通ったことがある方は、どんなことで成功したと思いますか?
開業の時は、計画書だけで決算書がなかったから。赤字決算ではどうにもならないと。
実績がない、赤字決算書になると苦しい展開ですが、それでも計画書を作り直して、金利が低いところからの事業資金調達をしてみましょう。
ビジネスローンは、スピード審査で国金のように何日もほっておかれないのですが、金利差が10倍と聞けば、いかがでしょう?

 

銀行で事業資金調達

融資申請に必要なこととして、経営にどれだけ必要な理由、書類の用意です。
公的資金の時のものを使えるのですが、使い道などを明確に担当者に訴えます。
将来性があることも伝えます。
会社の信頼が低い場合、連帯保証人が必要、担保などの最低条件のものが必要なこともありますが、できれば用意しておくことです。
そして、案外と大切なのは、身だしなみと礼儀正しい態度です。
ポイントとしてローン審査では、信用できる人アピールであることも必要なようです。
代表者がだらしない、横柄といった態度で審査落ちになるケースも見られます。
銀行融資はまだ低金利で返済計画が立てやすいです。
審査基準は非公開で決済書の内容の判断は大きいですが、あまり良い数字ではない場合でも、改善の余地があることを正確に伝える、回復の見込みがあることを訴えましょう。
損益計算書の存在は大きいです。
個人事業主の場合、生活費との兼ね合いから所得そのものが赤字の場合は、銀行融資は厳しいとの見解があります。
プロパー融資、保証付き融資などの選択もありますが、最後ので食い下がる事ができれば、銀行融資を勝ち取れることもあります。

 

そして、ビジネスローンに

ノンバンク系ビジネスローンも多いですが、その前に銀行のビジネスローンに注目です。
ノンバンク系と変わりはなのですが、金融機関としては、銀行の方が信用は大きいです。
銀行融資と違い審査基準になります。
また、不動産担保ローンも同時に考えてみて下さい。
これもビジネスローンよりも内容が柔軟になり、銀行としても返済ができなくなった時のリスクが軽減して、審査は通りやすいです。
個人の信用情報も関係しますが、最後まで銀行での事業資金調達を検討してみることをお勧めします。

 

ノンバンク系ビジネスローン

金利が高いことで、最終手段になります。
売掛金があるのならファクタリングも良いのですが、予め会社を選定しておくことをお勧めします。
慌てて違法業者などの口車に乗ってしまうことがあります。

 

▲メニューに戻る

銀行融資がダメなら銀行ビジネスローンで借入を

事業資金を銀行融資で。
保証付き融資とプロパー融資の2つの種類があります。
初めての借入では保証付き融資の利用ですが、融資額に上限があり保証料が有ります。

 

信用保証協会の存在

信用保証協会は公的機関で、全国に法人があります。
銀行と企業を繋ぐ役目を果たし、利用者は保証協会に保証料を支払って保証を受けることができます。
それが信用になっていて、銀行からの融資が受けやすくなります。
中小企業が銀行から初めて融資を受けたい場合、信用保証協会の保証付融資になるのが一般的です。
借入先は銀行ですが、債務者の貸し倒れがある時には、保証協会が債務を弁済してくれる制度です。
保証協会を利用せずに銀行と直接やりとりする方法をプロパー融資です。
借入額の上限がないのが最大のメリットです。
また、プロパー融資を受けられるようになったら、銀行などの金融機関からの信用度が上がることになります。
・大手銀行より地方銀行が借りやすい
銀行融資が難しい場合で、借入金額が平均3000万円程度であれば、銀行のビジネスローンの利用もお勧めです。
審査では2期分の決算書提出書類が必要ですから、開業間もない企業では相手にされないです。
担保不要となっている場合で、状況に応じて担保提出が求められることがあります。
保証人は原則代表者が連帯保証人になります。
審査はインターネットでも対応していて、スピード審査になることが多いです。
カードローンと同様の申し込み方法で、融資額が多いほど金利しは下がります。
銀行、信用金庫など身近なところでの融資相談も対応しています。

国民生活金融公庫、日本政策金融公庫などで審査に通らない可能性がある場合にも、銀行と懇意にしておくこと、メインバンクとの付き合いは常日頃から良くしておくことです。

 

中小企業はとにかく借入先をたくさん用意したい

公的資金から銀行融資、そしてノンバンク系金融機関とさまざまな借入先を用意しておきましょう。
どこで借りられる可能性が雨日わからないです。
融資審査の内容はいろいろですが、消費者金融のカードローンなども事業資金として使用できるものもあります。
ノンバンク系はとにかく審査が早い、即日融資ができる場合もあることは大きな利点ですが、消費者金融ローン、フリーローンは融資額が少なく、金利が高いのがデメリットです。
最後の手段ですが、借りやすさでは一番です。
銀行の信用は、会社の存続よりもリスクに重点を置きます。
それは銀行も企業として当然のことですが、事業の発展、現状維持のためにも、自社としてもリスクが少ない、金利の低い事業資金調達から攻めていくことです。

 

▲メニューに戻る

やっぱり1枚はもっておきたいビジネスローンカード

個人でキャッシングをしたいときにカードローンを作るように、事業資金も手軽にビジネスローンの利用ができます。
一番手軽な方法で、日本政策金融公庫や国民生活金融公庫の公的融資、銀行融資などより借りやすいローン審査です。
甘い審査で、金融業者によっては1億円もの多額な事業資金も可能性があります。
同時に、不動産担保ローンなら、リスクが低い事業資金調達方法として挙げられます。

 

とりあえずビジネスローン

ローンカードのビジネスローンも登場しています。
ATMで手軽に資金を出し入れすることができることから、とりあえずカードを作っている代表者や経営者も多いです。
特に個人事業主などは、借入額が小さいことから、わざわざ融資を受けるのではなく、ビジネスローンだけではなく、フリーローンで事業性資金として転用できるカードが1枚あると、それだけようが足りる方もいます。
売掛金があればファクタリングの方法もありますが、ビジネスローン1枚あれば、少しの間事業資金を賄うことができるなど、案外便利に機能的に使えるとされています。

 

ビジネスローンの種類

今では銀行系ビジネスローン、ノンバンク系では消費者金融ビジネスローン、信販ビジネスローンなどで30以上あります。
人気の会社はビジネスクト、ビジネスパートナー、アサックスなどです。
これらはビジネスローン業界では評判が高く審査通過率も良いと言われています。
特徴としては、必要書類が少ないことで、思い立ったらすぐに申し込みができるのは利便性が高いです。
借入希望額が少ないほど、融資審査内容は簡易になっていきます。

 

ビジネスローンのメリット

審査に通りやすい、審査基準ハードルが比較的低いです。
スピード審査でインターネットで簡単に申し込みができ、ノンバンク系では即日融資も対応しています。
銀行系でも1週間以内に回答が出ます。
金融会社では担保と保証人は不要です。
代表者の身分証明書があれば良い場合が多いです。
総量規制対象外になるのは法人向けでは絶対ですが、個人向けカードローンでは総量規制は関係することがあります。

 

デメリット
これが一番頭を悩ますところで、金利が高い。
借入額も低いのですが、15%や18%の上限金利は、返済計画がきちんとなくては、簡単に借入ができない場合も多いです。
開業間もない会社への審査は厳しいです。
甘い審査と言いますが、ある程度の審査基準は存在します。

 

借りやすさと金利の高さはどうしても比例してしまうようです。
個人事業主などはフリーローンなどで対応している方も多いですが、本来なら公的融資制度などが利用できれば、金利が10分の一になります。
ただ、公的融資の審査時間が長く、その間のビジネスローン利用など利便性は高いです。
不動産担保ローンも念頭に、不動産がある方なら、リスクの低い融資もあります。
ことらも銀行系、ノンバンク系もありますが、金融会社選定は必ず事前にチェックしておくことです。
同時にファクタリングも事業資金調達方法として一つの方法です。
業者は予め決めておくことで、スムーズな資金を作ることができます。

 

▲メニューに戻る


このページの先頭へ戻る