カードローンとの比較

不動産担保ローンの特徴は不動産を担保にすることで、
カードローンよりも、メリットが多いことです。

 

 

金利が低い

不動産担保ローンは、カードローンよりも低金利です。
消費者金融の金利よりも低いので、多重債務のまとめローンにも最適です。
自分名義ではなく、他人名義の不動産担保ローン契約も可能です。

 

返済期間が長期設定可能

少ない負担の返済額で長期で借りることができます。
返済が少ないことで、借入が大きくなったとしても、楽に返済ができます。
金利が低い分、負担は小さくなりますが、総返済額では大きくなってしまうことが多いです。
ただし、毎月が楽になるだけでも良いという場合、不動産担保ローンは価値があるものです。

 

 

審査が甘い

カードローンでは信用情報で、金融事故があるとなかなか借入ができないのですが、
不動産担保ローンは返済能力があれば、カードローンよりも審査が甘いです。
特に、多重債務解消ができるのですから、ブラックリストとなって、
カードローンが借りられない方でも、不動産担保ローンができる場合はあります。

 

住宅ローン返済中でも借りられる

不動産担保ローンをしたいけれど、まだローン返済をしている建物でも、審査対象になります。
この場合、第2の抵当権になるのですが、借りられる範囲があれば、契約ができます。
最初から、抵当権についての文言は確認してください。
銀行などでは難しいですが、不動産担保ローン専門業者では相談に乗ってくれることでしょう。

 

 

全国対応業者も多い

インターネットで申込ができる不動産担保ローン専門業者も多いです。
長年不動産担保ローンをしているところで、信用も厚く、低金利のところも多いです。
銀行審査は多少厳しさもありますが、専門業者では審査も早く、融資時期も早いです。

 

銀行では、1ヶ月以上かかることも多いです。
カードローンのように即日融資の不動産担保ローンは少ないですが、
専門業者では、即日審査回答、数日のキャッシングのところもあります。

 

カードローンとの比較では、すぐに借りれないということもありますが、
総量規制対象外で、不動産評価額に合わせたワイドなキャッシングも可能です。
使途自由であり、ビジネスローンとしても使うことができます。
個人事業主の事業展開などにも活用ができるなど、担保の存在は大きいといえます。

 

契約者と所有者が同一でなくても良いのですが、
返済ができないと、競売になってしまう点だけは注意が必要です。
また、カードローンにはない契約時の手数料などが存在しています。

関連ページ

不動産担保ローンとは?その使いみちはいろいろ
不動産担保ローンで家を担保に融資が出来ます。不動産評価額によって変動し、地価が高い、不動産価値が高ければその分高い借入が可能です。ローン会社の方が審査が甘く借りれて、ビジネスローン、おまとめローンにも利用可能です。多重債務者にとってはかなりのメリットとなるでしょう。
不動産担保ローンの商品について 高齢者でも借りられる?
高齢者の年金生活に足しにしてもらうために、土地を担保にしたローン展開をしている東京スター銀行の不動産担保ローンがあります。その特徴としては、返済が利息だけというものです。不動産評価額の6〜7割が資金として手に入りますが、限度額いっぱいに借りると損をすることとなるでしょう。
不動産担保ローンのメリットと金利について
住宅の評価が高ければ、不動産担保ローンの借入額は大きくなります。まとめローンとして多重債務の解消などにも使えて、返済期間が長期になることから、返済負担も減少します。金利についても担保があるので、返済リスクが減少します。機関も長く10年〜20年で、総量規制も対象外です。
不動産担保ローンのデメリットと審査
デメリットとしては、不動産評価額がつかない場合があります。その場合にはローンは成立しません。また固定資産税が未払いの場合や、最低1000万円以上の価値が無いと審査に通らないと言うことです。また長期返済で返済額が高くなることもあるのです。

このページの先頭へ戻る