不動産担保ローン 親名義の場合はどうなの?

  1. 親名義の場合はどうなの?
  2. 親名義の不動産で不動産担保ローンは可能?
  3. 不動産担保ローンの連帯保証人が名義人の親
  4. 親名義の不動産担保ローンでまとめローンはできる?
  5. 親名義の不動産担保ローンで必要なこと
  6. 不動産担保ローンの審査は甘い?

 

 

親名義の場合はどうなの?

不動産担保ローンは、自分名義でなくても利用する事ができます。例えば親名義の不動産や土地であっても不動産担保ローンを利用する事ができます。会社によっては、自分名義でないと不動産担保ローンを利用できないケースもありますが、一番大切なのは名義者の同意です。名義者が同意していれば、親名義であっても配偶者の名義であっても、不動産担保ローンを利用する事ができます。

 

不動産担保ローンの強みは有担保型のローンであるので、信用力が高いところです。お金を貸す側としては貸したお金がちゃんと返済されるかが大切になります。消費者金融サービスなどのキャッシングサービスは無担保ローンなので、返済が適切にされるかの信用力が大切になります。

 

無担保に比べると有担保の方が信用力が違います。親名義ではあるので、返済が滞ってしまった場合は親が不動産を失ってしまう可能性があります。自分名義であっても他人名義であっても適切な返済計画が大切です。

 

不動産担保ローンは不動産の価値も重要ですが、無担保ローンと同じように返済能力も重要視されます。返済能力が低ければ価値が高い不動産でもローンが利用できない可能性もあります。親名義であった他人名義であっても対象の不動産には制限はありません。物件でも土地でも農地でも駐車場でも、審査が通れば不動産担保ローンは利用できます。

 

 

 

親名義の不動産で不動産担保ローンは可能?

自分には不動産はないけれど、親の不動産を担保にしてまとまった資金調達をしたい。
金融業者の融資の方法として、担保なしのカードローンなどがありますが、有担保の不動産担保ローンでは、評価額に遭う資金提供をしています。

 

その場合、子供が親名義の不動産で不動産担保ローンの契約ができるのでしょうか?
回答は、親の同意があればできます。家族だけではなく、他人名義でも同意があれば不動産担保ローンが可能です。
要するに、担保物件と不動産担保ローンの契約者の名前が違っても契約ができます。

 

しかし、必ず不動産名義人の同意が必要で、無断で不動産担保ローンの契約はできないです。
所有者が親であったとしても、家族でも同じです。

 

担保のある借金について

カードローンでは、総量規制の関係などで、消費者金融では年収の3分の一程度、銀行カードローンでも年収に近い借入はできないです。これは、担保なしの契約だからという点が大きいです。金融業者にとってみれば、収入と信用情報が担保になります。

 

ところが、不動産担保ローンのように担保があれば、回収できないときには、担保を取り上げる事ができます。
そこで審査が柔軟になることがあり、しかも借入額も総量規制の縛りがなくなります。不動産の評価額にもよります。
ちなみに、不動産担保ローンの評価額とか、地価ではなく金融業者が算出するもので、評価額から何%だけ借入ができるということです。ですから、高い地価であるほどまとまった金額になります。

 

申込者の信用情報や収入も関係しますが、肝心なのは不動産の価値です。
信用情報の審査では、無担保ローンよりは柔軟です。したがって、借りやすく、金額も大きい。
しかも本人名義ではなく、親名義の不動産だとしてもキャッシングができるという点は大きいでしょう。

 

親名義の借金ではない

親名義の不動産を差し出すときに、契約が子供になることができます。
例えば、親が高齢で収入がない場合は、親は契約者になれないでしょう。
そんなときに、収入があり信用情報も安定している子供が契約することができます。

 

その不動産の所有者が親、お金を借りるのは子供。そして、返済義務はすべて子供ということが可能になっています。
ですから、多額の資金がほしいと言うとき、不動産担保ローンはしたいけれど、自分には不動産がない。
親に頼んで不動産担保ローンを契約してもらうのではなく、自分が親の不動産で不動産担保ローン契約をすることが可能です。
自分で完済をしたのなら、親に何も迷惑をかけずに済む話しです。

 

 

 

不動産担保ローンの連帯保証人が名義人の親

自分の名義ではない親名義の不動産では、不動産担保ローンを行う事はできます。同意があればの話しですが。
なお、不動産担保ローン業者では、家族名義の不動産担保ローンでは、範囲が決まっている場合もあります。
親名義はたいていOKです。

 

保証人の問題

不動産担保ローンでは、カードローンとは違い保証人が必要です。
親名義の不動産担保ローンでは、所有者の親が連帯保証人になります。
これは義務であり、連帯保証人にならない場合は、不動産担保ローンができないです。

 

ここに親名義の不動産担保ローンができるけれど、同意と連帯保証人になる必要がある責任があります。
契約者以外名義では、全て同じ連帯保証人になることが不可欠です。

 

 

連帯保証人の重要性

ここで注意したいのが、単なる保証人ではなく連帯保証人であることです。
所有者も契約者と同等の返済リスクを背負うことになります。

 

もし返済ができない=不動産の喪失ということが鮮明です。
ですから、不動産担保ローンではトラブル回避のためにも、家族間名義の契約が多いです。
他人が入ると、トラブルの内容も変わってきますから。

 

完済は当然だけど

もし不動産担保ローンの所有者が契約をするのなら、保証人はなしです。
というのも、返済ができなくなった時点でその不動産が失われるのですから、保証人の必要はないです。ただし、親名義の不動産であれば、親が連帯保証人であり、返済できない場合には、不動産の取り上げかそれ相当の返済額があれば良い話しです。

 

 

親にそれだけ返済できる余力がある?

親子関係で言えば、親の不動産担保ローンなんとわざわざしなくてもということです。
しかし、世の中にはいろいろな親子関係があり、親が自分名義の不動産で子供に不動産担保ローンを組ませる。
それらの行動も親心の一つです。

 

財産の一部を渡すことで、贈与税対策の一つとしても、この不動産担保ローンが検討されることもあるのですが、連帯保証人になったとしても、返済できるだけの余力がある親であれば、不動産を失うこともないでしょう。
それぞれの親子関係から垣間見られるのが不動産担保ローンです。

 

一般的に見地からは

連帯保証人になってもらうリスクは大きいです。
それなりの融資額になる不動産担保ローンですが、完済ができる範囲内であり、所有権は親。
迷惑をかけることなく、完済ができるめどがあるのなら連投されることです。
親の同意が必ず必要ですし、連帯保証人の覚悟も確認してください。

 

 

 

親名義の不動産担保ローンでまとめローンはできる?

不動産担保ローンでは、不動産の評価額によっては、多額の資金提供を受けることができます。
その目的として消費者金融などのまとめローンとして完済に向けたキャッシングとしても活用することができます。
しかし、親名義の不動産しかないという場合でも、ローンと連帯保証人の同意を得られることで、子供が契約することができます。

 

親は同意と連帯保証人になるだけ

返済義務が100%子供になる親名義の不動産担保ローンです。
同意して連帯保証人になることで、子供は堂々とキャッシングができます。

 

所有権が金融業者になり、抵当権の書き換えなどで多額の手数料を必要とする不動産担保ローンですが、平均的なカードローンの金利よりも低いことがあります。ただし、評価額が高い、鑑定士依頼などで、結果的に高い金利になってしまうこともあり、事前シミュレーションは必要です。

 

 

なんとかブラック解消をしたい

多重債務でまとめローンを不動産担保ローンでという方では、多重債務だけではなくブラックになることを回避したい方もいます。例えば、多額のキャッシングをしてしまった。自己破産しか道はないけれど、自己破産ができない職業の場合もあります。そんなときに、親名義の不動産で不動産担保ローンを実施。キャッシング分をすべて完済をして、とは不動産担保ローンの返済を自分で行う。見事ブラック解消と言うことになります。

 

不動産担保ローンの審査では、カードローンほど厳しくないこともあり、不動産の固定資産税の納入がされている。
評価額ができる不動産であることで、総量規制以上の借入ができることがあります。
原則的に10年以上の返済が認められていて、最初にかかる事務手数料を平均的にならし、金利の確認もしてください。

 

もし、現在のカードローンよりも高い金利になることは少ないですが、もしなったとしても、ブラックは返上。
返済期間を長めにすることで、完済ができれば、信用情報も問題なく過ごすことが可能です。
物件によりますが、このままでは返しきれない多重債務を、不動産担保ローンの借り換えすることで、前途が開けます。

 

親の同意は必要

親名義の不動産担保ローンでは、子供が契約はできます。
同意だけではなく、連帯保証人の同意があればの話しですが、親子だからと勝手に行う事ができません。
ここだけはきちんと対応しなければ、後で大変なことになってしまいます。

 

返済ができないと不動産を失うだけではありません。
連帯保証人の親にも多大な迷惑がかかることになりますので、契約は慎重に。

 

 

 

親名義の不動産担保ローンで必要なこと

不動産担保ローンで得られる融資では、その額が大きいことで、事業用としても使用用途が広がります。
銀行にしてもノンバンクの事業者にしても、不動産担保ローンでは、使用用途も名義もそんなにうるさくないです。
特に、親名義の不動産担保ローンでは、同意があれば比較的簡単に融資ができます。

 

不動産担保ローンと生前贈与

例えば、所有者である親が署名捺印などができない。不動産担保ローンの同意も困難な状態も考えられます。
そんなときに、親の同意なしに勝手に不動産担保ローンを契約することは難しいですが、既に生前贈与の形で、名義を変えることもできます。その上での不動産担保ローンであれば、親名義の同意必要もないです。

 

贈与税に関しては、2500万円までの税金控除があります。
事前贈与の可能性も秘めつつ、親の同意意思が不可能な場合は、こちらの方が良いです。
贈与税の関係もありますが、親の健康状態なども考えつつ、不動産担保ローンと生前贈与の可能性も考えてみてください。
親名義の不動産担保ローンでは、同意があれば良く、名義人での親が連帯保証人になります。

 

 

不動産担保ローンの犯罪

以前は、健康不調の親に変わって、勝手に同意書の偽造などで、不動産担保ローン契約をしていた事件もありました。
後で、それが不正だと返金しなくてはならない、不動産没収と言う事態になりますが、現在は本人確認をすることが複雑になっていますから、簡単に不正での契約ができないです。ですから、生前贈与の話しも現実味のある話しです。

 

連帯保証人にならなくてはならない所有者の義務もありますが、最近では不動産担保ローンの資金調達ニーズも高まっています。
相談機関もあり、より良い不動産担保ローンの方法の提案があります。

 

銀行?ノンバンク?

ここで不動産担保ローンの審査の話しですが、銀行の不動産担保ローンは低金利でおすすめです。しかし、審査が厳しいだけではなく、審査時間も長くかかります。ブラックでは借りられない、審査が通らないこともありますが、ノンバンク、不動産担保ローン専門業者も存在しています。高金利と決めつけることなく、条件が合えば良いでしょう。

 

また、抵当権が第1ではなく、住宅ローン返済中の不動産担保ローンにも対応しているのが、ノンバンクの不動産担保ローンの特徴です。親名義であったとしても、ブラックでも、返済中の不動産でも契約可能という画期的な商品です。事業展開、まとめローンなどにも対応できますが、完済ができるシミュレーションをきちんと確認した上で、親の不動産担保ローンの同意が得られたら契約です。

 

 

 

不動産担保ローンの審査は甘い?

不動産担保ローンでは、親名義の不動産が子供が契約することもできます。
同意書が必要であり、所有者の親が連帯保証人になることが必要です。

 

いくら借りられる?

不動産担保ローンでは、差し出す不動産の評価額の6割程度です。時価とも関係しますが、評価額は金融業者が決めます。
1000万円の時価だとしても、実際には600万円程度。借入中に時価が下がれば、追加担保なども必要です。

 

あまり多くは借りられない?という不安はありますが、総量規制以上の借入はもちろんですが、借入額が大きいこともあり、カードローンなどよりは低金利です。カードローンでは、無担保、無保証人がメリットですが、不動産担保ローンでは担保があり親名義では親が連帯保証人です。

 

しかし低金利で、返済期間が長期、多く借りれるなどのメリットがあります。
また、契約者の属性もカードローンやりは厳しくなく、信用情報で不安がある方でも借りられます。

 

 

消費者金融の多重債務のまとめローン

多額の借入ができることで、多重債務のためのまとめローンにも対応しています。
ここで、信用情報的には返済不安があるとしても、担保があることでも信用が上ります。
最初、抵当権の書き換えなどの事務手数料はかかります。
評価額が大きいことで、手数料も増えますが、返済では長期にしたり、低金利な部分のメリットは大きいです。

 

カードローンや消費者金融の高金利との比較では、断然お得なまとめローンになることでしょう。
親に払ってもらうのではなく、不動産を借りて不動産担保ローンにすることで、自分で返済という手段です。
親子関係にもよりますが、自分では到底払えないまとめローンの不動産担保ローンでも、こうした親の助けもありです。

 

自分以外名義でも

不動産担保ローンの臨機応変さですが、債務者が完済できれば問題はないです。
もし返済ができないと、連帯保証人の親が不動産を失うと言うことになります。
一応収入がなければならない審査要件ですが、まとめローンの内容で、または多少金融事故がある方でも借入ができます。

 

不動産では、固定資産税の納入されていることが必要です。
税金の支払がなされていない場合は、契約ができないことになります。
すぐに完納することが必要ですが、借入途中も当然固定資産税の支払いは続きます。

 

また、地価が下がった場合は、借入のための担保提供や返済を請求されることになります。
地価にも左右されることになりますが、総量規制もなく、多額キャッシングは可能です。

 

関連ページ

不動産担保ローンとは
不動産担保ローンは他のローンとは違いバランスが良いローンです。金利と使用目的での比較が代表的となりますが、不動産を担保にして信用力を増すために、返済能力として見込ませ、高めの金額を借りやすいメリットがあります。あくまでも使用目的が決まってますので金利は低いです。
不動産担保ローンの金利
不動産担保ローンの金利は他のローンと比較して低く、使用目的制限がないローンの中では低いのです。利用する融資額が低いほど金利は高くなりますが、固定金利と変動金利も影響するので事前にチェックしましょう。不動産を担保にするので信用力も強いので融資の可能性が高まります。
不動産担保ローンの借り換え
お金を借りた際に一番重要になる返済金額ですが、複数の債務を整理する方法に不動産担保ローンでの借り換えが利用できます。低金利かつ長期的返済計画に切り替えることが出来るので、返済の不安な事ばかりな状況から解放されます。サービスを良く確認しましょう。
不動産担保ローンの銀行の審査
不動産担保ローンの審査でも重要となるのは、返済能力です。そのために収入を証明する書類がひつ余となります。また、もう一つ大切なのが担保にする不動産の価値です。比較的高額のお金を借りようと思うと難しい場合がありますが、不動産の価値が高ければ審査の時間も早いです。
不動産担保ローン住宅ローンがあっても借りれる?
不動産担保ローンのメリット。不動産担保ローンとは、家や土地などを担保にしてお金を借りる方法です。 消費者金融カードローンや銀行カードローンと大きく違うのは、不動産という担保があることです。カードローンは無担保を売りとしていることで、誰でも申し込みができますが、不動産担保ローンは、不動産がないことには申し込みができない限定的なローンといえるでしょう。
不動産担保ローン第二抵当権で貸してくれるの?
担保ローンで第二抵当権で借りることは可能です。担保にしている不動産を売却した金額を優先的に使用する権利を抵当権といいますが、法律上では抵当権は何重にも設定することが出来るのです。最初に担保に出したときよりも不動産価値が高くなれば、第二抵当権でも十分価値があります。
不動産担保ローンいくら借りられるの?
不動産担保ローンのサービスでは、融資額設定が50万円から10億円となりますが、機関の計算方法による不動産価値に基づきます。公示地価、基準地価、路線価によって決定して、総合的に判断をし不動産価値を決定して融資できる金額が決まってくるのです。
不動産担保ローン即日ってあるの?
即日でお金を貸してくれる会社は少ないです。地域限定のローン会社であれば一部で対応しています。たいてい不動産価値を徴する時間が必要ですので、即日でのお金の融資は難しいです。早いところだと翌日や最短3日での融資サービスがあります。
大阪の不動産担保ローン
大阪で不動産担保ローンのサービスを提供しているローン会社はたくさんあります。比較する際にポイントとなるのは融資してくれる金額でしょうから、いくつか査定をしてもらってから判断をしましょう。ビジネスクルーや産興社やジャパントラストファンドなど、これらで比較してみましょう。
青森の不動産担保ローン
青森の不動産担保ローンを提供している会社は、東京スター銀行があります。他にも日本モーゲージ株式会社や、東京に本社があるローン会社アビックも青森県が対象エリアになっています。株式会社ビジネスパートナーもそうですので、フリーダイヤル等で連絡しましょう。
不動産担保ローン 愛知県
愛知県で不動産担保ローンを提供している会社としては、ワコーファイナンスグループやライフクレジットがあります。前者では事前の調査費や保証料が無料になっていて、インターネットからの申込みが出来ます。後者では基本的に店舗での対応となりますが、銀行振込対応です。
不動産担保ローン 茨城
茨城県を対象エリアにしている不動産担保ローンのサービスは、大手の銀行だと東京スター銀行です。問い合わせはネットでも可能で、フリーダイヤルでも相談できます。お手続きは店舗です。出光クレジットやセゾンファンデックス、関西アーバン銀行も茨城県を対象にしています。
不動産担保ローン 宇都宮
宇都宮で不動産担保ローンを検討しているのであれば、サンワフィナンシャル株式会社があります。ビジネスローンやおまとめローンなどの商品も提供しており、不動産担保ローンももちろん利用可能です。東京都心の大手の会社で宇都宮を対象エリアにしている会社を検討しましょう。
不動産担保ローン 愛媛県
愛媛県での不動産担保ローンの検討であれば、愛媛銀行が良いでしょう。ホームエクイティローンというサービスで不動産を担保にお金をかりることが出来ます。消費型と借換型があり、それぞれ直接相談をしましょう。ノンバンク系では株式会社岡村商事です。
不動産担保ローン 神奈川
神奈川県を対象エリアにしている会社は多く、中でも株式会社エクセルは創業50年の歴史を持つ会社です。大口融資も対応しており、問い合わせはフリーダイヤルやインターネットでも相談できます。中小規模のローン会社でも株式会社ユーコーは不動産担保ローンを用意しています。
不動産担保ローン アサックス 評判
アサックスは恵比寿に本社があり、1969年に創業した歴史のある会社です。東証1部にも上場しているので信用力が高い金融会社です。不動産担保ローンをメインに事業を進めており、実際の事例についての口コミでは、柔軟対応とのひょうばんがありますので、おすすめです。
不動産担保ローン 悪徳業者
不動産担保ローンを検討する際に、金利が有利な所や柔軟に対応してくれる所を選びましょう。まずは悪徳業者を避けるのが大切です。貸金業を行う際に必要となる国への登録番号をチェックしたり、更新回数によって、信用力の高さを伺うようにしましょう。低金利すぎても怪しいです。
不動産担保ローン 一括返済
一括返済の方法があります。実施すれば払う予定だった金利が無くなる可能性があるので、全体的な返済金額が安くなります。そうすれば新しい不動産担保ローンの検討もしやすいです。契約時にルールが記載されているので、契約時のチェックで、適切な手続きが大切なのです。
UFJ銀行 不動産担保ローン
UFJ銀行の不動産担保ローンをのサービスでは、フリーローンの個人ローン3000というサービスで提供しています。中小企業の金融会社との比較では、低い条件で提供されており、金利も低いのでとても魅力的でしょう。セミナーなどは定期的に行われていますので検討しましょう。
不動産担保ローン 借入可能額
不動産担保ローンを検討する際に気をつけるのが、借入可能額です。金融業者が融資できる可能な金額となりますので、それ以上の金額は融資できないということです。大手の銀行でも3000万円と設定しています。抵当権によっては不動産価値も変わりますので、借入可能額を知りましょう。
不動産担保ローン 延滞したどうなる?
不動産担保ローンの延滞をしてしまった場合には、最初の手続きによって変わり、延滞利息が発生するケースがあります。遅延損害金とも呼ばれ、約定返済日の翌日から設定された年利が日割り計算で設定されるのです。または不動産が競売に入ってしまう可能性もあります。
不動産担保ローン 共有名義の場合はどうなの?
共有名義の不動産に対して不動産担保ローンを設定することは可能です。共有名義には様々なパターンがあるので、どういう設定になるかを事前に調べておきましょう。部分的に抵当権を使って不動産を手にした場合には、全員の同意がなければ売却できないなどの問題も起きてしまいます。
不動産担保ローン 審査落ちる原因
不動産担保ローンで審査に落ちてしまう条件に信用が大切になります。他のキャッシングで返済が滞っていたり、破産手続きや任意整理をしている場合や、不動産価値が低い場合には審査に落ちることとなってしまうのです。または記入に不備や虚偽があった場合なども可能性は高くなります。
不動産担保ローン 繰り上げ返済とは?メリットは?
繰り上げ返済は不動産担保ローンではメリットが大きく、返済する側と金融会社側にとってもメリットがあります。最初に設定した返済スケジュールよりも多く返済したり、早く全額返済するなどの手続きです。毎月の返済が楽になりますので、これらを事前にチェックし利用しましょう。
不動産担保
不動産担保で、事業資金 事業資金にも不動産担保を利用する事ができます。 新規事業の場合だと実績もないので、融資してくれる会社が無い場合に不動産担保で資金を得る事ができます。 事業資金の調達だと不動産自体や事業の評価もしてくれるので融資してくれるケースがあります。

このページの先頭へ戻る