金利比較で圧倒的に銀行が低い

不動産担保ローンは、担保になる不動産の価値によって、高い資金が得られます。
銀行とノンバンクの金融商品として、事業性資金だけではなく、個人でも契約ができます。

 

 

ノンバンクの不動産担保ローン

銀行と比較されることが多いですが、金利は高いが審査はゆるいです。
事業資金としては、取引銀行などで根抵当権をつけての利用が最適でしょう。
資金が必要なときに、すぐに資金繰りができるシステムです。
しかし、信用がなければならないですし、一見さんの審査では、
業務内容などで、なかなか審査が通らないことが多いでしょう。

 

そこで、ノンバンクです。
ビジネスライクにいくと、審査内容では銀行よりもかなり甘い内容で、資金調達が早いのが特徴です。
赤字決算でも対応してくれることが多いことで、ノンバンクの不動産担保ローンは、
金利が高いとしても、資金回収ができるのであれば、使い勝手が良い金融業者といえるでしょう。

 

審査の甘さと金利の高さ

実際は、フリーローンとは違い、不動産担保ローンの場合は、
担保価値で、借入可能額が決まってしまうものです。
ですから、思っている以下の限度額になってしまうことも多いです。

 

評価額が下がっていたことに気がつかない、
現実には、評価額以下の借入しかできないですから、融資額の確認は必要です。
銀行との比較ですが、ノンバンクの方が少ない金額であるケースが多いです。

 

それでも金利では、銀行との比較はしない方が良いでしょう。
明らかに高いですし、審査が甘くなるほど、かなりの返済額になります。
ただ、それで事業資金がうまくいくのであれば、
従業員の生活を支える立場であれば、仕方のない借金となります。

 

 

事業性資金作りには最適

長期間の、返済期間設定ができます。
どんな決算であっても、返済の時を考えると、銀行が良いです。
金利比較をするまでもなく、審査落ちするかもしれませんが、銀行申込はおすすめです。

 

同時にノンバンクでの資金作りをして、銀行から借りられるのであれば、
ノンバンクの返済をして、銀行の不動産担保ローンの利用で、少ない返済が実現できるでしょう。
どちらにしても、審査の甘さと、金利の高さは比例してしまう内容です。

 

審査に通ればどこでも良いではなく、必ず金利は確認、
シミュレーションなどで返済計画を立てた上で検討してみてください。
ただ、ビジネスローンよりは低金利です。

 

運転資金の調達の時点では、不動産担保ローンができる物件があることで選択肢は増えます。
ノンバンクで手広く不動産担保ローンを展開している業者では、融資相談などもできますから、
問い合わせをしてから、決定するのも良いかもしれません。

関連ページ

ノンバンクの不動産担保ローン 比較と口コミは注目
銀行系のローン商品は、ノンバンクと比較をして金利は低いです。審査が長く掛かりますが、一方でノンバンクは審査が甘く資金調達が早いです。金利や他のメリット、デメリットを比較しましょう。口コミやサイト閲覧で情報を得た上で、運転資金の調達先を見つけることです。
個人向けと事業者向けでは審査が変わる
不動産担保ローンは、個人向けと事業性資金に使えるローン商品です。それぞれ同じで返済能力は必要とされますし、使用目的で区別されます。個人では事業制資金としての仕様は禁止されておりますが、信用情報については甘い判断が期待されます。
ノンバンクの不動産担保ローンが良い理由
不動産担保ローンに必要な書類は、本人確認書類、源泉徴収票や不動産関連書類です。評価額に対する借入額は6〜7割で金利は変動金利、固定金利でも、無担保ローンと比較をしても低いのが特徴です。ノンバンク系ではインターネットからの申し込みで来店不要、融資実行の契約までが早いです。返済期間が長く最大10〜30年なのも魅力的です。
借りやすい!ノンバンクの不動産担保ローン
不動産担保ローンはノンバンクが良いとされる理由では、融資実行の早さです。インターネット申し込みで全国各地から手軽にできます。使途自由であり、審査内容も時間、手間もかからず、資金調達の幅も広いです。返済出来ないときの厳しさもあります。多額の資金から、新規事業も立てられるでしょう。

このページの先頭へ戻る