ノンバンクの不動産担保ローンが良い理由

不動産担保ローンは銀行とノンバンクで取り扱っています。
その違いは審査と金利です。

 

ノンバンクの不動産担保ローン

審査が早い、即日融資にも対応、柔軟な審査が期待できる。
各地のノンバンクの不動産担保ローンでは、インターネット申込ですぐに審査回答が出ます。
資金調達、借入可能額も確認でき、スピードを要する事業性資金調達、赤字経営に苦しむ経営者には大きな味方です。
借入期間も長く設定でき、融資額も大きいところがほとんどです。
変動金利、固定金利設定などもありますが、経営相談等もできます。
しかし、金利は高め。
要は審査は早いが、金利が高い。
最終的な返済額の調整が必要です。

 

銀行の不動産担保ローン

定金利は期待でき、資金も大きいです。
根抵当権の設定では、手続きにいちいち費用をかけることなく、繰り返し不動産担保ローンが受けられます。
ただし、第一抵当権は条件です。
一つの銀行と取引き関係も含めての不動産担保ローンができるのなら良いでしょう。
ただ、いざ必要というと気に最短即日融資ができないのが銀行です。
審査はとても長く、というのも保証会社などの関係もあり、事務手続きは時には1ヶ月間もかかることが多いです。
定金利、これが魅力の銀行ですが、すぐに資金が欲しい時は、使えない不動産担保ローンです。
ですから、ファクタリングなどと合わせての利用で、審査待ちの間の資金調達ができれば、銀行の不動産担保ローンは審査が通れば魅力です。

 

個人でも、銀行の不動産担保ローンはまとめローンなどでも定金利は良いのですが、審査が長いです。
ですから、ノンバンクが絶対に使いやすいのですが、多額の借入なら金利設定も低い専門業者は多いです。
金利比較と自信の不動産の評価額などを比べてみて、申込だけでもしてみるとノンバンクでも違いがわかります。
まとめローン、リフォームローン、学資のためなど、資金使途は自由出使える定金利ローンとして審査を受けたいです。
多少の信用情報の金融事故でも大丈夫です。

 



このページの先頭へ戻る