不動産担保ローンとは?

ローンを組む種類に不動産担保ローンというものがあるのを知っていますか?
普通、ローンを組む時に審査がありますよね。審査をするときに、例えば勤続年数が浅かったり、一定の給料がもらえていなかったりする場合などはローンを組めなかったりお金を貸してもらえないことがあります。
そんな時でも、自分の所有している不動産を担保にすることで、ローンを有利に組めることがあるのです。それを不動産担保ローンと言い、この不動産担保ローンは普通にローンを組む時より審査が通りやすいと言われています。
それもそのはず、不動産を担保にすることにより金融会社は返済が出来なかったときの回収がすぐに出来るためです。金融会社はリスク軽減のために不動産を担保として持っておき、返済が滞るとすぐに競売にかけてしまいます。
このように不動産担保ローンというのは、自分の持っている不動産を担保として金融会社に提示することで、ローンを組めるという事です。
ただし、融資の金額は不動産の担保価値として評価するために、不動産の値段が高いからといってそれと同額の融資をしてもらえると言うわけではありません。

不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンのメリットとデメリットとしては、まずメリットとして不動産という担保があるため、金利を抑えることが出来るのでしたがってローン返済の総額返済が少なくなるという事が挙げられます。また、担保によっては、借り入れる金額が大きくなることなどから、多額の借り入れが出来る場合もあります。
デメリットとしては、不動産を担保にしてしまうので返済が滞ってしまった場合、容赦なく担保を抵当に入れられてしまい競売にかけられてしまうので、取り戻したくてもそれは難しくなります。
また、もし返済が出来なくなった場合、不動産を渡して終わりというわけでは無くその不動産の価値が借り入れた金額より下がっている担保割れが起こってる場合には、その差額の残金も払わなければならないので、担保割れが起きるよと予測される場合はあまり高額な金額を借りることはやめた方がいいでしょう。また、予測されない場合でも油断せず気を付けた方がいいと思われます。

不動産担保ローンの審査って??

不動担保ローンに係わらずローン審査はあまり表だって明確になっているものではないですよね。では、不動産担保ローンの審査はなにが基準になってくるのか、それがしりたいところです。
不動産担保ローンは、不動産の値段によって決まる物ではないことは分かっています、では、何によって決まるのでしょうか?
それは、不動産の価値によって決まります。
不動産の価値を金融側と保証会社によって審査し、その金額を融資するだけの価値があるのかどうかを見極めます。それで割り出した金額の、7割程度が支払われると考えられていますが、価値によりけりとは言えどれくらいの金額を貸してもらえるかどうかにはドキドキさせられますね。
つまり、融資してほしい金額よりその担保の価値が低い場合は、貸してもらえないことになります。反対に、自分が思っているよりも不動産の価値が高かった場合は、それなりの金額を融資して貰えることになるのでうれしですね。
また、担保として融資額の一定割合を掛けた税金が発生してしまうので、それも負担しなければならないことを忘れてはいけません。

 

不動産担保ローンは通りやすいの?

普通にローンを組もうとしても組めない場合、自分の不動産を担保にすれば組むことが出来るかもしれません、それは不動産という売れるものを担保にしているからでそのため審査が通りやすくなったものと考えられます。
不動産を売ってしまってお金を借りる方法もありますが、それですと完全に自分の不動産を手放さなければなりませんし、借り入れできる余裕があるのでしたら、不動産を担保にローンを組むのが得策だと思います。
ただし、ここにも落とし穴があるようで、自分が考えている不動産の値段は
「不動産についている価格≠不動産の価値」となっており、融資してもらいたいときに自分の不動産を買った時の価格を提示してもそれだけの値段はつかないこともあります。
逆に、自分が思っている不動産の価格より価値が高いこともあるようなので、調べてみるのも良いでしょう。
また、担保割れなどが起こらないとも限らないので、担保にする際には慎重な対応が必要になってくるでしょう。

審査に通りやすい不動産担保ローンは?

もし、とても審査がに通りやすい不動産担保ローンがあったとします、自分は不動産を持っているし融資をしてほしいのですぐさまそこへ向かうべきでしょうか?
答えはNOです。
審査に通りやすいのにはわけがあります。そのわけを知らずにお金を借りるのは無謀ではないでしょうか?そのわけを知っても融資してもらうと言うのでしたら良いのですが・・・。
審査が通りやすいわけ、それは金融会社の設定する金利が高く設定されていたり、貸し付け条件が不利だったりするからです。
出来れば有利な条件かつ金利を低く借りたい、そう思っている人にはとてもお勧めできない条件が整っています。
これでは、いくら審査に通りやすいと言っても積極的に申し込む気分になれませんよね。
また、不動産担保ローンを専門的に扱っているかどうかも問題となってきます。
不動産担保ローンの場合には、2年おきに更新料を払わなければならないのですが、そのような会社ですと、その更新料も高く設定されている場合もあるようです。
不動産担保ローンを活用するならば、不動産担保ローンの専門家のいるローン会社へ相談することをお勧めします。

 

不動産担保ローンのまとめ

不動産担保ローンのメリットは無担保ローンに比べて融資額が大きい、又非常に長期において長い目で返済していけるので、焦って返済する必要もありませんし低金利なので返済の労苦負担もそんなにかからない事だと思います。

 

不動産担保ローンには長期は長期でも比較的短めの設定の所と凄く長い返済期間を設けている所があったりします。

 

これによって自分に合った不動産担保ローンを選べるというわけとなりますが、よくよく考えれば長い間ずっとこの不動産担保ローンから人生が束縛されてしまうという事でもあったりします。

 

低金利だし返済期間がいくら長いからと言っても、軽はずみに利用してしまうとこれからと先々ずっと返済を続ける事になってしまう事だと思われます。

 

中には最長30年以上の返済期間に対応される所もあって申し込み、借入は簡単に出来たとしても返済がずっと続く苦悩は人生の後半になっても、まだ終わらないと嘆いている人もいるかもれしせませんよね。

 

いくら不動産担保ローンで多額のお金が動くとは言えど、非常に長期に設定出来るプランはあまりオススメ出来ないのも本音だったりします。

 

それだけ多くの融資を受けられるのでしょうけれど余程の理由が無い限り、返済期間が30年以上のプランはやめておいた方が良いかもしれません。

 

もし仮に何らかの理由で一括返済出来る場合であっても金融機関によっては違約金が発生する場合や新たに担保を要求される事もあるそうでしたので、どちらにせよ返済期間が長いから安心という事では無かったりもします。

 

不動産担保ローンをお選び頂くのでしたら、精々返済期間が10年以上のプランが最適かと思われました。

 

不動産担保に大金を借りて人生の大半までダラダラと返済すのではなく、長期は長期でも出来るだけ短い期間でしっかり借りてしっかり返済が不動産担保ローンでは安全なものだと考えられます。

 

でなければ人生後半で何かの事情があって支払えない状況などに陥った場合、せっかくの所有されています不動産を失うかもしれないというのは人生後半を悲劇という形で締めくくってしまう他なりません。

短期・長期返済によって求める不動産担保ローンも変わってくる?

不動産担保ローンも一見同じようで会社によって金利、返済期間、返済方式、各種プラン及び金融商品が異なる事がわかりました。

 

しかし不動産担保ローン選びで一番意識したい所は金利は勿論、ご利用融資限度額であったりもするのですが、実は返済期間だったりもします。

 

不動産担保ローンでは低金利で多くお金が借りれますが、返済に関しては本当に長く長くかかる事だと思います。

 

これでは一生かかっても払いきれないという人もいるかもしれません。

 

そこで一番長い返済期間の所と一番短い返済期間の所を知っておく事で不動産担保ローン選びには非常に有利かなと思われます。

 

長い返済期間と短い返済期間では選ぶべき不動産担保ローンも変わってくるというものです。

 

特に長期返済希望する方に自分がオススメするならば、不動産担保ローンで長期返済が出来る所としてはDTSの不動産担保ローンだと思いました。
DTS
ここは最長35年の返済期間ですので、本当に人生の大半にかけてゆっくり返済出来る事かと思われます。

 

しかし凄く長期の為、必ず返済が出来るかどうかによっては万が一不動産を失うリスクがあるとも言えますのでよく考えたい所でもあります。

 

長期は長期であっても少しでも短期で返済期間を考えておられるようであれば、中央リテールの不動産担保ローンであれば最長10年となっておりますのでオススメです。
中央リテール
又返済期間が同等の会社ではユニーファイナンス、ユーファイナンスなどもありました。
ユニーファイナンス
ユーファイナンス

 

不動産担保ローンでお金を多く借りるからこそ返済期間が長ければ良いと思われ勝ちのようですが、実際不動産を担保に設定されているわけなのですから、今後の人生において少しでも返済が怠ればせっかくの資産を失うという事も考えられます。

 

出来るだけ返済期間は短い設定の方が完済に至るまでの時間の短縮にもなりますし、人生の半分を返済で縛られる事もありません。

 

長期又は短期の返済どちらを希望するかどうか、貴方にとっての希望する返済期間によってもこのように選べる所が変わってくるというものでした。

 

自分が不動産担保ローンを選ぶならば融資額や金利も大事だと思いますが、返済期間の長い短いを最優先に気にするかもしれません。

不動産担保ローンはどこがベスト!?

不動産担保ローンを申し込むのであれば、出来るだけ不動産担保ローン専門の所が良いかと思われます。

 

通常のキャッシング会社の金融商品で扱われている所もありますが、不動産担保ローン専門の所で申し込まれた方が具体的相談からサポートに至るまで不安がありません。

 

オススメ出来る所としては株式会社つばさコーポレーションだと思います。

 

ここは他社に比べて本格的に不動産担保ローン専門のプランが多数充実しておりますので、不動産を担保にお金が借りたい人向けの正にオススメ所となっております。

 

条件次第では不動産スーパーサポートローンというものがありただでさえ低金利なのが更に驚愕の8%以下が適用となります!!
つばさコーポレーション
その他にも不動産担保ローン専門の所で注目されたい所は総合マネージメントサービス。
総合マネージメントサービス
日本全国対応で不動産担保にお金を借りるだけでなく売却を前提とする資金作りや不動産活用相談サービスであらゆる不動産関係の悩みを解決してくれる所となっています。

 

一人一人に合ったプランを提供してくれるのは実に有り難いものだと思いますね。

 

更に不動産担保ローンに特化されている日宝であれば33年の歴史を持っているだけあり実績と信頼は何処にも負けず劣らずって感じが致します。
日宝
最大5億円の融資が受けられる他、金利も10%以下の低金利!!

 

不動産担保ローンは不動産担保ローンを主に取り扱っている専門業者さんにおまかせするのが一番ベストだと思われます!!

 

不動産担保ローン初心者の方にもきっとご納得頂けるものだと思います!!


このページの先頭へ戻る